WIND RIVER SIMICS

物理ハードウェアの制約から開発者を解放

組込みソフトウェアチームの開発手法や技術革新の方法が、根本から変わります。Simicsでソフトウェア開発プロセスを改善し、組織を解放してアジャイル化する7つの方法をご紹介します。

Simicsでできること

Wind River Simicsは、エンジニアリング効率の飛躍的な向上、開発コストの大幅な削減に加えて、組込みソフトウェア開発の新たな手法の開拓を実現できます。

実験
アイデアをシミュレーションで
検証

デバッグ
いつでもバグ探し

共有
あらゆるコラボレーションを強化

テストと実行
待ち時間が不要

開発
最初から実システムで開発

コンフィギュレーション
簡単に無限のコンフィギュレーション

コミュニケーション
        チームの一体化、ビューやデータの一元化

実験

Wind River® Simics®では、システム設計に入る前に、さまざまなハードウェアセットアップ、ソフトウェアアプリケーション、プラットフォーム構成を検討して、前提条件を簡単に検証できます。

  • さまざまな状況について、ネットワークのメモリ容量、コア数、プロセッサ速度、ボード数を変えて、ソフトウェアの動作や規模をテストします。
  • 異なるハードウェア上でさまざまな世代のソフトウェアセットアップを実行して、古いバージョンが新しいバージョンと想定どおりに機能することを確認できます。

 

 

テストと実行

物理システムの制約を受けずに、ソフトウェアを仮想システム上で、物理システム上と同じように実行できます。

  • 仮想システム上で実行するソフトウェアバイナリは、実ターゲットで実行するバイナリと同じです。そのうえ、開発者全員が最初からそのバイナリを実行できます。
  • 仮想ターゲット上で動作する実際のソフトウェアを、HIL(hardware-in-the-loop)やSIL(simulation-in-the-loop)セットアップで統合することが可能です。
  • 実環境の要因を使って組込みソフトウェアシステムをテストするため、実際の使用シナリオをテストできます。

Simicsのディターミニズムにより、完璧な再現性が得られます。仮想ターゲットで見つかった不具合は、環境に関係なく常に再現可能です。

デバッグ

Simicsでは、問題の切り分けや解析作業が格段に効率化されます。

  • ハードウェアにアクセスせずに、仮想ターゲットを完全に制御しながら、すべてのソフトウェア(BIOS、ドライバ、低レベルのソフトウェア、OSレベルのコードなど)のデバッグを行えます。
  • システムの実行、停止、シングルステップ実行、逆実行により、不具合の発生場所と原因を正確に特定し、その結果得られたセットアップや解析内容を世界中のチームメンバーにメールで送信できます。

Simicsのディターミニズムにより、完璧な再現性が得られます。仮想ターゲットで見つかった不具合は、環境に関係なく常に再現可能です。

 

 

開発

Simicsでは、アプリケーション開発の最初から、ツールチェーン、ライブラリ、OS API、OS動作が同じである実ターゲットを使用できます。このため、異なるツールチェーンを使用して、コードを実ターゲット用にコンパイルしてターゲットシステムに統合するまで不具合が見つからないという問題が解消されます。開発者が最初から実ターゲットを使用することで、開発プロセスの後半にエラーが見つかってコストがかさむ事態を回避できます。

仮想ターゲットでは、ハードウェアの数が不足することも、複雑なコンフィギュレーションや異なるセットアップを管理することもありません。ハードウェアが動作しなかったり、高い費用をかけて配送したりする必要もありません。