Wind River Simics

Wind River® Simics®は、ソフトウェア開発に特化したフルシステムシミュレータです。テストの自動化と共同作業の効率化により製品開発を加速し、品質の向上を実現します。

製品概要

お問い合わせ

 

概要

Simicsは、最小のシステムから高度に複雑なシステムまで、あらゆるシステムをシミュレートします。物理的なハードウェアでは不可能な新しい開発手法を採用可能。物理ハードウェアから仮想ラボに移行することで、組込みソフトウェアチームは開発プロセスの重要な工程を根本から変え、ソフトウェアの品質向上と開発期間の短縮を実現します。

 

【動画:Wind River Simicsとは】

Continuous Integration and DevOps

DevOps

組込み開発の継続的インテグレーションやDevOps文化の導入が可能です。物理的なハードウェアのラボにかかる何分の一かのコストで、セキュアな仮想ハードウェアに時間や場所を問わずアクセスでき、コラボレーションツールを利用して、迅速にかつ効率的に構築が行えます。

 
Digital Twin to Test Complex Systems

デジタルツイン

デジタルツインを活用して複雑なシステムをテストすることができると共に、物理的なハードウェアではコストがかかる難しいテストを自動化することも可能です。複雑なテスト、インテグレーション、リリース工程を効率化、改善し、物理的なハードウェアでは自動化が困難または不可能な場合でも自動化を統合することができます。

 
Test Security Vulnerabilities

セキュリティ

安全で実システムに悪影響を与えることのない環境でセキュリティ脆弱性をテストできます。デプロイの前と後に、関連するセキュリティのシナリオを仮想ラボで全てテストすることが可能です。

 

DevOpsが求められる理由

2019年実施のDORA/Google Cloudの調査によると、高パフォーマンスのDevOpsチームは、低パフォーマンスの同業他社に比べて106倍速くデプロイが出来ます。ミュレーションがDevOpsプラクティスのレベルアップにどのように役立つかをご覧ください。

 

ビデオを観る

 

 

【動画:シミュレーションによる次のレベルのインフラへの進化】

【ウェビナー:デジタルツイン入門】

 

SIMICSを使ったデジタルツイン

ウインドリバーのお客様は、20年以上にわたってデジタルツインにSimicsを使用しています。デジタルツインのプロジェクトを最大限に活用する方法をご紹介します。

 

ウェビナーを観る

 

Simicsが役立つ7つの開発作業

Simicsでは物理ハードウェアに代わる仮想システムが提供されることで、大幅にエンジニアリング効率が向上し、開発コストが削減されるほか、アジャイルな新しいアプローチが可能になります。

ウインドリバーのお客様はSimicsを活用して、実験、テスト、コンフィギュレーション、コミュニケーションなど、組込みソフトウェア開発プロセスの多数の作業を改善しています。主要な7つの用途をご紹介します。

詳細はこちら

実験
アイデアをシミュレーションで検証

デバッグ
いつでもバグ探し

共有
あらゆるコラボレーションを強化

コミュニケーション
チームの一体化、ビューやデータの一元化

テストと実行
待ち時間が不要

開発
最初から実システムで開発

コンフィギュレーション
簡単に無限のコンフィギュレーション

関連リソース

PROTECTION AGAINST SECURITY VULNERABILITIES

不正侵入のテスト

たった1つのソフトウェアバグが、脆弱性を引き起こす可能性があります。システムのシミュレーションにより、テストを自動化して、セキュリティ脅威を防ぐ方法をご紹介します。

詳細はこちら