Wind River Linuxが選ばれる理由

Wind River® Linuxは、お客様独自のLinuxオペレーティングシステム上で動作する、堅牢で信頼性が高く、セキュアな組込みソリューションの開発、デプロイ、運用を実現します。

Wind River Linuxを使うことにより、Roll-Your-Own LinuxやサポートされていないシリコンベンダーLinuxによって発生するリスクや労力を回避できます。また、最新のコードベースの確保、不具合の追跡・修正、セキュリティパッチの適用市場の厳しい仕様や認証に沿ったランタイムのカスタマイズ、IPコンプライアンスや輸出コンプライアンスへの対応が可能で、最終的にはコストの大幅な削減が期待できます。

Why Wind River Linux

長期的な商用サポートを提供するYoctoベースの組込みLinux

Wind River Linuxは、お客様のアプリケーション特有の要件に合わせて、Linux OSをカスタマイズします。開発チームやデプロイメントチームが同様にアクセスできる統合されたアーティファクトリポジトリを備えており、組織全体の共有とコラボレーションを簡素化します。

ウインドリバーは、Linux FoundationのYocto Projectの創設メンバーであり、アドバイザリーボードメンバーです。リーディングコントリビューターとして、過去4年間で合計8000以上のコミット、250万行のコード変更を行った実績があります。ウィンドリバーは、Yocto Projectのサポートを次世代のウィンドリバープラットフォームに組み込む一方で、積極的にアップストリームを行い、Yocto Projectの修正や機能拡張に貢献しています。

長期サポート(LTS)

  • 定期メンテナンスリリースと継続的な脆弱性監視
  • 毎日実施されるテストとハードニングで脅威を削減
  • すべてのLTS(Long Term Support)リリースで最低10年以上サポート
  • 幅広いx86/Armハードウェアに対応した各種ボードサポートパッケージ(BSP)を提供
  • ビルドシステムにより繰り返し簡単に実行できるビルドプロセス
  • カスタマイズのトラッキングにより、社内のナレッジの共有が可能
  • BOM(部品表)、および世界の輸出規制に準拠したコンプライアンスに対応

製品に最適な開発方法を提供

柔軟なソースコードリリース形態:長期サポート(LTS)、継続的デリバリー(CD)、バイナリディストリビューション(Wind River Linux Distro)

無償版 商用組込みLinux

リリースの頻度

Yocto Projectと同期

LTS/CD:LTSは1年ごと、CDは4週間ごと

ライフサイクル

6~12か月、コミュニティに合わせたサイクル

10年以上

サポート

なし

サービスレベル契約(SLA)に基づく

プレミアムサポート(オプション)が利用可能

メンテナンス

コミュニティ

商用グレード(定期的に実施)

Distro
(バイナリ)

ウインドリバーのウェブサイトから
ダウンロード(登録が必要)

対応するLTSリリースと同期可能

主な特長

  • コミュニティLTSカーネルとYocto Project LTSからの定期的な新しいリリース
  • ベンダーのソフトウェア開発キット(SDK)アップデートに基づいたBSPのサポート
  • 必要に応じたリアルタイムカーネルのサポート
  • プロジェクト単位での価格設定、製品出荷数単位でのロイヤリティは不要

Wind River Linuxの採用事例

ウインドリバーはWind River Linuxと、受賞歴のあるサポートサービスにより、お客様のビジネスの成功を支援しています。