サイバーデジタル
最前線 サイバーデジタル最前線
クリティカルインフラストラクチャと軍事システムを
脅威から防御

サイバー脅威とデジタル化された戦争

防衛システムにおけるデジタル技術の活用は、戦争の概念を変えています。 未来の戦場は、視聴できない武器や防衛システムばかりになります。同時に、これらのシステム、そしてより大きな経済を支える重要なインフラストラクチャに対するデジタル脅威は、ハードウェアをはじめ、コード、データ、通信、電力網、そして現代の兵器システムをつなぐすべてのゲートウェイなど、守らなければならないものの範囲を大きく広げています。

世界はすでにデジタル戦争に突入しており、データに基づく防衛システムにとって絶え間ない脅威となっています。シーベル・システムズと最近上場した人工知能企業C3.aiを設立した、ベテラン起業家のトム・シーベルは次のように述べています。「我々は今、基本的に中国と非機動戦を全面的に展開しています。そして、我々はAIの分野でこの戦争の第一線にいます。中国やロシアは、電力網のインフラに侵入させたウイルスやマルウェアを有効化することで、いつでも米国の電力システムを停止させることができる状況です。また、米国の金融システムも同様です。

現代の戦争世界の複雑さは、イベントベースの攻撃という考えをはるかに超えています。ウインドリバーのセキュリティ製品販売担当副社長であるアービー・トンプソンは、次のように述べています。「運動効果の閾値を下回るソフトな戦争が数多く存在します。ミサイルを発射するようなものではありませんが、それでも破壊的です。世界各地での小競り合い、特にロシア周辺では、そのような状況が見られます」

2020年に発生した財務省、商務省、国土安全保障省といった米国政府コンピューターシステムへの侵入の背後には、クレムリンに協力するロシアのハッカーがいると考えられています。また、2020年に著名なサイバーセキュリティ企業であるFireEye社から脆弱性テストに使用されるRed Teamツールが盗まれた事件も、ロシアが関与していると考えられています1。同社によると、サイバー窃盗団は主に政府機関の顧客に関連する情報を求めていたとのことです2

キネティック・エフェクトの閾値を下回るソフトな戦争が多く存在します。ミサイルを発射するようなものではありませんが、破壊力はあります。世界各地での小競り合い、特にロシア周辺では、そのような状況が見られます。
 
ーアービー・トンプソン
ウィンドリバー、セキュリティ製品販売担当バイスプレジデント
Irby Thompson

現代の戦争の複雑さは、イベントベースの攻撃という概念をはるかに超えています。

現在、より多くのコンピューティングや制御がエッジへ移行し、新たな戦場が出現しています。危機に瀕しているのはデータだけではありません。すでに数え切れないほどのパイロットを危険な任務から救ってきたドローンが、通信、コード、人間の相互作用の組織化されたシステムを通じて実行されていることを思い浮かべてください。爆弾探知ロボットや自律型水中ロボットも、侵入者から保護されなければならない機器やソフトウェア、通信ネットワークに依存しています。インテリジェントエッジの進化に伴い、攻撃対象は拡大し、より深くなっています。外骨格やニューロデバイスなどトランスヒューマン技術を駆使して能力を向上させた人間の戦士でさえ、潜在的な攻撃経路となり得ます。

物理学者で「Loonshots: How to Nurture the Crazy Ideas That Win Wars, Cure Diseases, and Transform Industries」の著者であるSafi Bahcall氏は、デジタル軍拡競争における賭け金は高い、と指摘しており「サイクルタイムとイノベーションは非常に短くなり、次に訪れる重要なイノベーションを逃してしまう、それが最後のイノベーションになってしまうかもしれません。アメリカの軍隊は、40年ぶりに大規模な組み替えを行い、現在、陸軍未来司令部と呼ばれているものを創設しました。そのミッションは、これから起こる変化の中で、いかにして敵の先へ行くかというものです。」と述べています。