自動運転車の
最先端 自動運転車の最先端
ADAS(先進運転支援システム)、AD(自動運転)、ACES(CASE)の進展

完全自動運転への道

急速に進化する先進運転支援システム(ADAS)は完全な自律走行(AD)につながり、そこから世界はACES(自律、接続性、電動化、ライドシェア)へと向かっています。これらの進化が、あらゆる交通手段、そして社会に革命をもたらそうとしています。

自動車の愛好家は、自動車が時速0マイルから60マイルまで加速する時間にしばしばこだわります。しかし、自動車技術会が開発した完全無人運転から完全自律運転への進化を示すゲージは、0から5までしかありません。

大まかに言えば、レベル0では人間が車両を完全にコントロールし、ステアリング、ブレーキ、全般的な制御のすべてを管理します。レベル1では、ステアリングやブレーキの補助機能、アダプティブクルーズコントロールやレーンセンタリングのいずれかが搭載されることです。レベル2は、レベル1の「いずれか」を「および」に置き換え、記載されているすべてをデバイスの要件とします。

レベル3、4では、程度の差こそあれ、車両が自律的に動作するようになります。そしてレベル5では、ドライバーは不要となり、車両は目的地指示以外に人間の力を必要としません。

現在、米国では6,000万台以上の車両にADASが搭載されています。かつては高級車のみに搭載されていた機能がエントリーレベルの車にも搭載されるようになり、ADASを搭載した車両の占める割合が急速に高まっています1

真の意味での自律走行が広く普及することについては、技術は存在するものの、その道のりはまだ遠いです。ウインドリバーのプロダクト&ソリューションマーケティング担当ディレクター、Brandy Goolsbyは次のように述べています。「レベル5は非常に限られたシナリオの中でのみ達成されています」

Frost & Sullivan社は、完全なADの将来について、まずトラックやオフハイウェイ車で技術が成熟し受け入れられ、その後乗用車に搭載されると予測しています。現在、米国、欧州、アジアなどの高速道路では、すでにロボットトラックがテスト走行している例が多くあります。しかし、Frost & Sullivan社によると、デバイス、自動車などの車両、都市、道路が接続されたネットワークによって完全な自律走行がサポートされるようになるのは2035年ごろであると予測しています2

その過程で、業界の膨大な投資と支出増がADASに集中しています。COVID-19の前に、McKinsey Center for Future Mobilityは、「ADASの市場は2021年までに倍増し、売上は350億ドルに達する可能性がある」と予測していました3

ADAS on Trucks
Frost & Sullivanは、フルADの将来について、まずトラックやオフハイウェイ車で技術が成熟し受け入れられ、その後乗用車に搭載されると予測しています。

Frost & Sullivan社は、完全なADの将来について、まずトラックやオフハイウェイ車で技術が成熟し受け入れられ、その後乗用車に搭載されると予測しています。現在、米国、欧州、アジアなどの高速道路では、すでにロボットトラックがテスト走行している例が多くあります。しかし、Frost & Sullivan社によると、デバイス、自動車などの車両、都市、道路が接続されたネットワークによって完全な自律走行がサポートされるようになるのは2035年ごろであると予測しています2

その過程で、業界の膨大な投資と支出増がADASに集中しています。COVID-19の前に、McKinsey Center for Future Mobilityは、「ADASの市場は2021年までに倍増し、売上は350億ドルに達する可能性がある」と予測していました3

ADAS on Trucks
フルADの将来について、Frost & Sullivanは、まずトラックやオフハイウェイ車で技術が成熟し受け入れられ、その後乗用車に搭載されると予測しています。

その後、パンデミックによる世界的な景気後退により、こうした予測は大きく後退しています。しかし、ADASとADの長期的な軌跡は、ほぼ不可避であると思われています。

今後の成長を考えるもう一つの視点として、ADASとADを自動車の総製造コストに占める割合で見た場合のトレンドラインを考えてみましょう。 Deloitteによると、2013年当時、自動車のエレクトロニクスは総製造コストの平均18%でした。現在、この数字は総コストの40%であり、2030年には平均的な自動車のエレクトロニクスフットプリントは総コストの45%を占めると予想されています4

伝統的な自動車メーカーからテクノロジー企業へと変貌を遂げるための取り組みについて、大手OEM企業の例を2つご紹介します。4年前、フォード社は約300人のプログラマーで構成されるコネクティビティチームで運営していましたが、現在その数は約4,000人に増えています。一方、世界最大の自動車メーカー(販売台数)であるフォルクスワーゲンは2020年に「2025年までにデジタル化に前年の計画の2倍の額である約320億ドルを投資する」と発表しました5