ADAS
自動運転車の最先端: Part 3
未来を見据える

自動車メーカー、サプライヤー、テクノロジープロバイダー、さらには保険会社、規制当局、都市計画家などの未来は、十分に予測できていません。 しかし、すべての利害関係者は、今後のリスクと機会に対応するために可能な限りの知見を集める必要があります。

McKinseyは知見に満ちたモデルを提供しています。 このモデルは自動車業界向けに開発されましたが、幅広い業界関係者やステークホルダーの戦略を導くのにも役立ちます。 McKinseyは次のように述べています。「新しい輸送業のユースケースが出現しており、その主な要因は、輸送するもの、自動車の所有形態、自動車の運行場所などです。 ユースケースはビジネスモデル、バリューチェーン、および戦略的意思決定を推進するため、業界は最も顕著なユースケースがどのように開発されているかに焦点を当てる必要があると考えています」23

McKinseyのフレームワークでは、効果的なユースケースの開発を支援するために、4つの主要な側面から詳細を掘り下げていくことを提案しています。

「 ユースケースはビジネスモデル、バリューチェーン、および戦略的意思決定を推進するため、業界は最も顕著なユースケースがどのように開発されているかに焦点を当てる必要があると考えています。」
McKinsey & Company

何を輸送しているのか?

旅客輸送と商品輸送は大きく異なります。それぞれの市場には、固有の技術、規制、ビジネスケースなどが要求されます。

車両はどこで走行しますか?

高速道路と都市部では、距離検知の長さや視野の広狭など、さまざまな点で要求が異なります。

車の所有者は誰ですか?

車両の売上と利益は所有者が誰であるかによって異なり、それはすべてのプレーヤーのビジネスモデルに影響を及ぼします。

どのようなテクノロジーが使用されていますか?

ADは、テクノロジーが向上するにつれて新しい用途に広がり、利益プールやビジネスモデルにも影響を与えます。

エグゼクティブは、上記の質問を用いて、予測リスクと機会を明らかにするシナリオを作成することができます。

自動車メーカーが取り組むべき5つのステップ

自動車メーカー自体が、ADAS / AD/ACESの未来によって最も直接的かつ深刻な影響を受けます。 彼らはいくつかの重要な動向を考慮する必要があります。

01

ACESの取り入れ: McKinseyのシニアパートナーであるAsutosh Padhiは、「自動車会社は、主に消費者に自動車を販売するという、従来の技術や従来のビジネスモデルからの収益プールが本質的に平坦化してきていることに気づかなければなりません。未来の成長は、すべてACESとの組み合わせによって生じていきます」と述べています。「そう、新しい技術と新しいビジネスモデルです」24

02

サービスとしてのモビリティを追求: ライドシェアやライドヘイリングが普及すると、自家用車を購入する人は少なくなり、個人所有モデルからフリートモデルへと移行することになります。アクセンチュアは、OEMがフリートオペレーターになること、カーシェアリングやライドヘイリングのサービスを提供すること、あるいは複数の交通手段を組み合わせた総合モビリティプロバイダーになることを検討するよう提案しています25

03

データ主導なビジネスを探求: 自動車メーカーは、データを収益化する方法も模索すべきです。ACESの未来では、主要なプレーヤーは、オペレーション、地理、消費者行動に関する膨大な量のデータにアクセスすることができるようになります。General Motorsは、2020年11月に自動車保険事業を立ち上げ、車両が追跡するドライバーの行動に応じて料金を設定すると発表し、すでにこの方向性へ進んでいます26

04

アジャイルの採用: 自動車の製造・販売からサービス、テクノロジー、ソフトウェアへのシフトは、やがて業界内に大きな変化をもたらします。自動車メーカーがハイテク企業のようになるにつれ、その課題は、過去1世紀にわたって培ってきたリニアな製品開発手法を、よりアジャイルで迅速、かつ反復的なモデルへと転換させることにあります27

05

今するべきこと:  OEMは大きな進歩を遂げました。しかし、パンデミックや経済的余裕が減少しているにもかかわらず、Bain & Company のアナリストは、業界が戦略的な投資のトレードオフを行い、重要なパートナーシップを築くことによって、差し迫った EV と AV が牽引する未来のために機会をとらえ、脅威に対処する必要があると主張しています28

他の自動車メーカーだけでなく、台頭するテクノロジー系企業との競争もあるため、スピードが命です。例えば、インテルのAV部門であるMobileyeは、ドイツの規制当局から無人自動車を公道で実走行テストする許可を得ています。これは、非従来型メーカーとしては初めてのことであり、新しいタイプの企業が、開発・試験の領域で従来型メーカーを凌駕する機会を捉えていることを意味しています29

Steps for Automakers
パラレルトランスフォーメーション:その他の主要産業

パラレルトランスフォーメーション:その他の主要産業

自動車メーカー自体が、ADAS / AD/ACESの未来によって最も直接的かつ深刻な影響を受けます。 彼らはいくつかの重要な動向を考慮する必要があります。

自動車メーカー以外の産業やグループも大きな変化を経験し、リスクと機会の両方をもたらすでしょう。特に注目されるいくつかをご紹介します。

保険

Marsh & McClennanのマネージングディレクターであるDavid T. Carlson氏は次のように述べています。「無人自動車は最終的に衝突事故の頻度を減らし、総責任コストを減らすと思われます。しかし、少なくともはじめのうち、ドライバーが無人自動車と道路を共有することに慣れるまでは、衝突事故は増加するでしょう。そして、これから起こる最大の変化は、ドライバーが交通安全に責任を持たなくなるにつれ、自律走行車とそれを制御するソフトウェアの構築に携わるメーカー、部品サプライヤー、テクノロジー企業がより多くの責任とリスクを負うことになります。高度な自律走行車の場合、ドライバーに過失はなく、発生した衝突事故は製品の欠陥の結果であるという強い主張がなされるでしょう。今後、OEMと保険会社は、データを利用してハイブリッドな保険契約を作成し、車両所有者の個人情報を保護しながら、責任を公正に定義できるようにする必要があります」30

材料

Deloitteによると、今後は、自律走行車とシェアードカーの劇的な増加によって材料需要は大きく変化し、さまざまな新しい機会がもたらされるようです。例えば、自律走行によって衝突が減れば、車の外側のコーティングや耐衝突性のニーズが減少します。これと並行して、充実した乗客体験(照明や視界の強化など)、および抗菌インテリアに対する需要が高まると予測しています。OEMとそのサプライヤーにとって、これはニーズの変化を意味し、特殊材料、複合材料、プラスチックのイノベーションを意味します。Deloitteでは、自動車産業で現在使用されている材料の 47% が、自動運転の普及により、新しい材料に移行すると推定しています31

コンポーネント

自動運転の実現に向けて、自動車メーカーには新しい部品をたくさん必要とするようになります。その中には、最先端の半導体や回路、高速プロセッサーなどが含まれます。このようなハイエンドのエレクトロニクス製品を製造するには、特殊な設備と、高度な教育と訓練を受けた従業員、高価な材料が必要となるため、この産業には巨額の投資が必要となります。2010 年以降、自律走行車に対する総投資額の約 2,060 億ドルのうち、3 分の 2 がテクノロジーとスマートモビリティに、さらに 1,230 億ドルが接続性と電気自動車(EV)に費やされています32。今後の開発には、高度な V2I 技術(交通信号、道路、その他の環境要因が車両と通信して交通流と安全を最適化)と V2V 通信機器(車両同士がお互いの位置を認識するためのもの) が含まれます。車種を問わず、車同士の通信をサポートするユニバーサルデバイスの開発が投資要件になる可能性は十分にあります。

自律走行車サービス

Frost & Sullivanによると、自律走行車サービス市場は2019年の11億ドルから2030年には年平均成長率60.1%で2025億ドルに成長すると予測されています。33。しかし、この急速に拡大する業界は、WaymoやBaiduといったモビリティプロバイダーの間だけではなく、GMのクルーズ部門やFord Motor’s Argo AIなど、世界有数のOEM企業とも激しい競争になると言われています。

ヘルスケア

Deloitteの別の調査では、自律走行車の台頭は 交通事故の減少に伴い、外傷治療の需要が減少することを意味するとしています。さらに、消費者が既存のプロバイダーにアクセスするための新しい選択肢を手に入れ、プロバイダーが消費者にアクセスするためのモビリティネットワークを開発することにより、医療への顧客のアクセスが拡大する としています。その一方で迅速な交通網の出現がより効率的な供給網を可能にするため、医療サプライチェーンは混乱に直面することになります。これは業界にとって新しいパラダイムであり、ビジネスモデルは不安定になるため、医療機関は今すぐ適応にむけて対処すべきであると著者らは述べています34

自律型配送ロボット

自律型配送ロボットは自動車ではありません。しかし、自律的であり、自動車分野の進歩の多くから恩恵を受け、貢献しています。Frost & Sullivanによると、世界のスマートファクトリ市場は、2019年の140億ドルから2025年には272億ドルへと、ほぼ倍増することが予測されています。一方、無人搬送車(AGV)市場は46億ドル、自律移動型ロボット(AMR)市場は68億ドルに達すると予測されています。また、COVID-19が業界に与える影響はさまざまです。米国や中国などの国では、技術開発が進んでおり、スマートファクトリソリューションを採用しているため、回復がかなり早くなると考えられます35

都市計画者、そして一般の人々

これからの変化の大きさは甚大です。英国の保険会社Aviva Plcの上級管理職が、City Monitorで次のように提起しています。「2040年、トムの自宅のバーチャルパーソナルアシスタントが、エジンバラの自宅に自律走行車を呼び寄せたとします。彼は数時間後にロンドンで行われる会議に出席する予定です。自律走行車は彼をモビリティハブに連れて行き、そこで彼は予約したハイパーループに乗ります。30分後、彼はロンドンに到着します。トムは残りの道のりを歩くか、最終目的地に行くために共有シャトルに乗るかもしれません36

talk to an expert

自律走行車、インテリジェントシステムとしての自動車、自動車産業におけるソフトウェアの重要性の高まりについて、ご質問はありませんか?
ぜひウインドリバーへお問い合わせください

23 “Autonomous Driving,” McKinsey & Company

24 “How the Auto Industry Is Preparing for the Car of the Future,” McKinsey, December 12, 2017

25 “Mobility as a Service,” Accenture, 2018

26 Mike Colias, “GM to Sell Car Insurance, Using Data on Your Driving to Set Prices,” Wall Street Journal, November 18, 2020

27 “How the Auto Industry Is Preparing for the Car of the Future,” McKinsey, December 12, 2017

28 Klaus Stricker, Thomas Wendt, Wilko Stark, Mark Gottfredson, Raymond Tsang, Michael Schallehn, “Electric and Autonomous Vehicles: The Future Is Now,” Bain & Company, October 29, 2020

29 Klaus Stricker, Thomas Wendt, Wilko Stark, Mark Gottfredson, Raymond Tsang, Michael Schallehn, “Electric and Autonomous Vehicles: The Future Is Now,” Bain & Company, October 29, 2020

30 David T. Carlson, “The Autonomous Vehicle Revolution: How Insurance Must Adapt,” Marsh & McClennan

31 “When Will Autonomous Vehicles Change Your Industry?” Deloitte

32 Daniel Holland-Letz, Matthias Kässer, Benedikt Kloss, Thibaut Müller, “Mobility’s Future: An Investment Reality Check,” McKinsey & Company, April 14, 2021

33 Francesca Valente, “Increasing Acceptance of Autonomous Vehicles Uncovers Multi-billion Dollar Opportunities in Mobility Services,” Frost & Sullivan, March 27, 2020

34 Ralph Judah, Josh Lee, Adam Hewson, Sarah Slater, “New Roads to the Health Care of Tomorrow,” Deloitte Insights, February 27, 2018

35 Francesca Valente, “Autonomous Delivery Robots Market for Warehouse Management to Boom and Top $27 Billion by 2025, Says Frost & Sullivan,” Frost & Sullivan, June 8, 2020

36 Andreas Mavroudis, “How Will Cities Be Impacted by the First Wave of Autonomous Cars?” City Monitor, January 8, 2020