オープンRANによる
キャリアネットワークの未来

インテルとウインドリバーの
キャリアソリューションを組み合わせ
次のレベルへ

Wind River
 

5G and Industry 4.0: Where Promise Meets Reality

2020年にARC Advisory社と実施した、5Gとインダストリー4.0に関する調査結果の解説をご覧ください。

Register
OPTIMIZE

簡素化:
市場投入までの時間を短縮  

RANの仮想化は複雑です。そこで、Intel、HPE、ウインドリバーの3社は、インテルSelectソリューションで検証済みのコンポーネントとWind River Studioをベースにした新しいvRANリファレンスデザインを共同開発しました。検証済みのリファレンスデザインを活用することで、MNOは、低遅延、高スループット、サービス展開の機動性、信頼性を備えた5Gネットワークの構築と展開を加速することができます。 More...
DEPLOY vRAN Infrastructure

構築:
ベライゾン社が採用したVRANインフラストラクチャソリューション 

ウインドリバーは、初期からの5G領域のリーダーとして、多くの5G RANの導入を支援してきました。通信サービス事業者が直面する、地理的に分散した超低遅延のクラウドネイティブなインフラストラクチャの構築と管理という複雑な課題を解決します。ウインドリバーは、エンドツーエンドで統合されたセキュリティ、高可用性、超低遅延、単一のエッジノードからコアネットワーク内の数千ノードまで活用できる機能を備えた、商用5Gのデプロイに対応した強固なインフラストラクチャを提供します。 More...
Manage Thousands

管理:
何千ものノードを一元管理  

遠隔地にある何千ものエッジノードを含む分散型クラウドネットワークを効果的に管理するにはどうすればよいのでしょうか?柔軟性とスケーラビリティは、運用の効率化と運用コストを削減した5Gネットワークのニーズを満たすために不可欠な要素です。 5G分散型クラウドネットワークの多面的なニーズは、AIやMECアプリケーションなど、既存のテクノロジでは対応できない新たな要件を生み出しています。クラウドネイティブで地理的に分散したクラウドソリューションをベースとした仮想RANは、5Gの導入による現代のテクノロジや運用の問題解決に適しています。 More...

  ウインドリバーの  
  ソリューション  

パフォーマンス、セキュリティ、信頼性を実現する、迅速なデプロイと運用コストの削減を可能にするウインドリバーのソリューションをご覧ください。