Verizon社が必要としていた、
スケーラブルな分散エッジネットワークを

ウインドリバーが実現   

Verizon社、世界初のエンドツーエンドで完全仮想化された5Gデータセッションを成功裏に完了 

Wind River

5G時代が到来し、ネットワークエッジは重要なコンポーネントとなっています。 成功には、高パフォーマンス、高信頼性、セキュアなサービスを提供するための、堅牢でスケーラブルなインフラストラクチャが必要です。 

5G and Industry 4.0: Where Promise Meets Reality

産業機器業界でどのような技術がデプロイされているか、その理由と目的について、2020年に実施した調査結果をご覧ください。 

Register
DEPLOY vRAN Infrastructure

デプロイ: Verizon社が採用したvRANインフラストラクチャソリューション 

ウインドリバーは、初期からの5G領域のリーダーとして、多くの5G RANの導入を支援してきました。通信サービス事業者が直面する、地理的に分散した超低遅延のクラウドネイティブなインフラストラクチャのデプロイと管理という複雑な課題を解決します。 ウインドリバーは、エンドツーエンドで統合されたセキュリティ、高可用性、超低遅延、単一のエッジノードからコアネットワーク内の数千ノードまで活用できる機能を備えた、商用5Gのデプロイに対応した強固なインフラストラクチャを提供します。  More...
Manage Thousands

管理 : 何千ものノードを一元管理

遠隔地にある何千ものエッジノードを含む分散型クラウドネットワークを、効果的に管理するにはどうすればよいのでしょうか?柔軟性とスケーラビリティは、運用の効率化と、過剰な運用コストを削減した5Gネットワークのニーズを満たすために不可欠な要素です。 5G分散型クラウドネットワークの多面的なニーズは、AIやMECアプリケーションなど、既存のテクノロジでは対応できない新たな要件を生み出しています。クラウドネイティブで地理的に分散したクラウドソリューションをベースとした仮想RANは、5Gの導入による現代のテクノロジや運用の問題解決に適しています。 More...
OPTIMIZE

最適化 : プロアクティブかつ効率的
なネットワーク運用  

エッジクラウドの分析と監視は、通信事業の運用に不可欠なものになります。Analyticsは、クラウド基盤の動作に 関するデータを可視化することにより、問題の未然防止を実現し、運用コストを削減しながらプロアクティブで最適なネットワーク運用を可能にします。 ウインドリバーは、データ収集、監視、分析、レポート作成のための強力なソリューションを提供し、分散ネットワークの運用を最適化します。 More...

ウインドリバーのソリューション   

お客様が期待するパフォーマンス、セキュリティ、信頼性を実現するための、ウインドリバーが提供する、迅速なデプロイと運用コストの削減を可能にするソリューションをご覧ください。