Wind River Studio:
バーチャルツアー

Wind River® Studioは、インテリジェントシステムのライフサイクル全体に対応した業界初の
クラウドネイティブプラットフォームです。

ツアーを開始する
Studio

パイプラインマネージャー

ビジネスニーズに合わせて、簡単なプロセス
から複雑なプロセスまでをフロー構築

ツールをカスタマイズ可能な自動化パイプライン上に統合し、ソフトウェアのビルド、テスト、デプロイを効率化します。

OSイメージやターゲットハードウェアなど、プロジェクト固有の詳細をどのように構成できるかご覧ください。

デモを開始する
pipeline

VxWorks ビルドシステム

VXWORKS RTOSのイメージを
素早くビルド

Wind River Studioでビルドシステムを自動化することで、VxWorks®のイメージをより迅速かつ効率的にビルドできます。

プロジェクトの種類を問わず、VxWorksのイメージをどれだけ簡単に作成できるかをご覧ください。

デモを開始する
vxworks

Linux ビルドシステム

Linuxイメージを
簡単かつ迅速にビルド

プラットフォーム開発者は、クラウドベースのWind River Studioを使って、迅速にWind River Linuxイメージをビルドできます。

複雑なLinuxプロジェクトをどれだけ簡単に作成して、アプリケーション開発に繋げることができるかをご覧ください。

デモを開始する
studio linux

クラウドベースの
物理ハードウェアラボ

テスト用の物理ハードウェアに
クラウド経由でアクセス可能

地理的に分散しているチームが、いつでもどこからでも、物理ハードウェアのテストターゲットを幅広く取り揃えたラボにアクセスし、共有することができます。

ソフトウェア開発、テスト、コラボレーションに必要な物理ハードウェアにクラウド経由でアクセスする方法をご覧ください。

デモを開始する
studio cloud

デジタルツイン

デジタルツインにより
スケールと自動化を実現

複雑なシステムのデジタルツインを作成して、ほぼ無制限のデプロイシナリオやユースケースを検証可能なクラウドスケールのシミュレーションを活用することで、ソフトウェア開発をスピードアップできます。

DevOps環境で、ソフトウェア開発やシステムテストを実施するデジタルツインをどのように作成できるかご覧ください。

デモを開始する
studio twins

Wind River Studioに関するFAQ(よくある質問)

Wind River Studioは製品ライフサイクルのどの時点でのワークフローをサポートしますか?

Wind River Studioは、ライフサイクル全体(開発、テスト、デプロイ、運用、監視、保守)をサポートするほか、インテリジェントエッジシステムやデバイスに関するプロフェッショナルサービスもご利用いただけます。製品の計画・立案、要件収集、設計、保守終了時の管理に関するサポートも当社にご相談ください。

Wind River Studioはどのようなユーザーが利用するプラットフォームですか?

ソフトウェアプラットフォーム開発者、アプリケーション開発者、デプロイ担当オペレーター、サービスマネージャーなどがご利用いただけますが、業務部門やサービス部門のアナリスト、プロジェクトのライフサイクル期間中にコラボレーションが必要なその他の部門の方々にもお使いいただけます。

Wind River Studio上の統合されたエクスペリエンス(ユーザー体験)とは、どのようなものでしょうか?

Wind River Studioは、ユーザーを中心に設計されたプラットフォームです。直感的なWebインタフェースから、事前統合・設定済のツール群にクラウド経由でアクセスできます。ウインドリバー製ソフトウェアの開発にもWind River Studioが活用されています

Wind River Studioと外部のDevOpsプラットフォームを連携させることはできますか?

Wind River Studioには様々な拡張機能があります。パイプラインビルダーを使うと、チームが頻繁に実施するシーケンスをカスタム作成して自動化できます。ギャラリーには、コードスキャナーから要件収集ツールまで、厳選されたサードパーティーツールが集約されています。アーティファクト・ライブラリでは、OSイメージ、仮想マシン(VM)およびコンテナをウェブを介したユーザーエクスペリエンスで共有、検索、管理できます。このように、既存のコードや資産、ワークフローをクラウド環境に移行し、安全かつどこからでも作業/共有できるエクスペリエンスとしてWind River Studioに一元化できます。

内製ツールやエコシステム上のツールに合わせてWind River Studioを拡張できますか?

はい。Wind River Studioのギャラリーには厳選されたパートナーのソリューション(例:コードスキャン用ツール)、OSイメージ、コンテナ、BSP(ボードサポートパッケージ)が含まれており、その内容も順次拡充されています。お客様の内製コードや資産、ワークフローとの統合も可能です。

これだけ沢山のツールすべてをどのように連携するのですか?

ウインドリバーは多くの時間と労力をかけて、50種類以上の汎用DevOpsツールを単一プラットフォームに統合し、構成設定とデプロイを完了しています。こうしたコンポーネントの更新や保守を管理するだけでなく、新たな機能も続々と追加されています。

既存のVxWorksやWind River LinuxのプロジェクトをWind River Studioに移行することはできますか?

VxWorksやWind River Linux OSを使った既存プロジェクトをWind River Studioに取り込むことも、新たなプロジェクトを作成することもできます。また、クラウドベースのアーティファクトマネージャーを使うと、プロジェクト資産すべてをカタログ化して簡単にアクセスできます。

Wind River Studioはどのようなハードウェアに対応していますか?

Wind River Studioは、幅広い種類のプロセッサアーキテクチャおよびBSP(ボードサポートパッケージ)に対応しています。また、ユーザー独自のBSPを追加したり、ウインドリバーのBSP開発サービスを利用することもできます。クラウドベースのインタフェース経由でターゲットハードウェアを共有できるほか、VxWorksやWind River Linuxがサポートする様々なハードウェア開発用リファレンスボードのシミュレーション/エミュレーション機能もお使いいただけます。

Wind River Studioのトレーニングはありますか?

当社ではオンラインコースをご用意しています。(英語での提供になります)

どのようなサポートを受けられますか?

ウインドリバーは、お客様の成功を全力で支援します。受賞実績を誇る当社サポートチームのエキスパートが、お客様が製品をすばやく理解・習熟して既存のプロジェクトや資産と統合し、プロジェクトを成功に導くためのサポートを提供します。