Wind River Studio 
Analytics

意思決定に役立つさまざまな情報を可視化することで、クラウドシステムの効率的な運用を実現します。

 
Wind River
 

トレンドの把握、異常の検知、問題の未然防止

分散エッジクラウドは、数十台から数万台ものエッジノード上にデプロイされます。それぞれのエンドポイントは地理的に離れた場所に設置されるため、こうしたクラウドシステムの監視や管理はきわめて困難です。Wind River® Studio analyticsは、このような分散クラウドの監視や運用に費やす労力を削減し、効率化を図るためのツールです。

5Gネットワーク運用支援ツール

Wind River Studioは、Verizon社の仮想化5Gサービスの全米展開を支えるネットワーク分析機能を提供しています。

Explore Titanium Linux

プロアクティブ 
で効率的なネットワーク運用

システムが仕様要件の範囲内で稼働していることを確認し、大きな問題が発生する前に問題を特定して対処することで、サービスレベルを保障
Explore Titanium Secure Hypervisor

運用 
コストの削減

ビッグデータとAnalyticsを活用することにより、分散クラウドネットワークの動作の監視や分析を実施
Explore Titanium Secure Boot

広範 
かつ目的に適したデータ収集

完全に組み込まれたソリューションにより、特定のニーズに応じた、フルスタックのデータセットにアクセスが可能

主な特長

Wind River Studio Analyticsはデータを収集・分析し、意思決定に役立つさまざまな情報を可視化することで、分散クラウドシステムの効率的な運用を支援します。クラウド基盤を構成するクラスタやサービスのフルスタック監視機能により、クラウドの動作 に 関するデータを収集、分析、可視化します。これにより運用コストを抑えながら、クラウドの可用性向上と運用の最適化を実現します。

100% success rate

収集

目的に合ったデータを幅広く収集します。データは、基盤、クラスタ、サービス、アプリケーションなど、システムのすべてのレイヤにわたって取得が可能です。運用状況全体を監視できるように、メモリ、CPU、ファイルシステム、サービス状態などの詳細が収集されます。

Lower Costs

集約

ログや指標など、構造化データと非構造化データの両方を集約します。個々のホストレベルから収集した場合でも、ローカルクラスタまたは分散クラスタから収集し集約した場合でも、データには、タグ付け、変換、前処理などが適用され、単なる指標やタイムスタンプだけでない意味を持った情報へと変わります。

Easy-to-use

処理と保存

インデックスのレプリケーションを行うことで、冗長性を持たせてシステムと同等の堅牢性を確保するとともに、データ検索性能の高速化が図られています。データはライフサイクルにわたって適切に管理され、必要な期間だけ保存されます。

Certifications and compliance

分析

データ分析から、分散クラウドの動作に関する強力な洞察が得られます。ネットワークの健全性と最適化の維持に必要な情報が、ダッシュボードやトレンド分析として可視化され、事後対処型ではなく事前対応型の運用に必要な判断材料として利用が可能です。

Product evaluation

プロアクティブなアラートと
レポート

プロアクティブなアラートとレポートにより、分散クラウドで何が起きているかを常に把握することができます。

オープンソースソフトウェアプロジェクト

Wind River StudioのAnalyticsとCloud Platformは、どちらもStarlingXオープンソースプロジェクトベースの商用サポート製品です。StarlingXは、分散ネットワークの構築と運用上の問題を解決するために、複数のオープンソースプロジェクトを最適に組み合わせたプロジェクトです。Wind River Studio AnalyticsはElastic社のテクノロジーを採用しており、Elasticsearch、Kibana、Logstashのコンポーネントを活用しています。

StarlingX Logo

5G VRANの選択

5Gの仮想無線アクセスネットワーク(vRAN)は、エッジからコアに対して超高信頼低レイテンシ・コミュニケーショ ンアクセスを実現し、完全にソフトウェアベースのアプリケーションに対応するために地理的に分散した仮想化アプローチを用いて構築されます。vRANのような新しいネットワークアーキテクチャでは、単一事業者の基盤上に数万ものコンピューティングノードが配備されることがあります。

自動運転車をはじめとする5Gの新たなユースケースに対応するためには基盤を最適化する必要があります。ダウンタイムは許されません。こうした次世代ネットワークのサポート基盤として分散エッジ環境向けに最適化されたWind River Studio Cloud Platform(商用グレードのKubernetesソリューション)は、通信事業者からの注目を集めています。加えて、Wind River Analyticsを活用し、エッジネットワークで生成されるあらゆるデータを分析して、その分析結果に基づいて意思決定を行うことで、ネットワークの安定運用を実現できます。

 
 

オープンソースおよびオープンスタンダード推進の取り組み

ウインドリバーは、クリティカルインフラストラクチャの構築において重要な業界標準とオープンソースの推進活動に積極的に参加し、業界を牽引しています。