航空宇宙・防衛
TaxiBot

TAXIBOT

ウインドリバー、ロボット飛行機牽引車のパイオニアを支援

半自律走行型トラックで不要な燃料排出や滑走路でのアイドリングによるジェット機の汚染を解消

事例の詳細はこちら

ビデオ:IAIがTaxiBotにウィンドリバーを採用

「私にとって、これほど早くプロジェクトを完了させることができたことは夢のようなことでした。今は、競合他社よりも少なくとも5年以上も進んでいると自信を持って言えます。」

—IAI、TaxiBotプロジェクトディレクター、ラン・ブライアー氏

課題

民間航空機の滑走路でのタキシングやアイドリングによる大量の燃料廃棄物の問題を解決するために、イスラエル航空宇宙産業(IAI)は、エアバス社とTLDグループと共同で意欲的なプロジェクトを立ち上げました。滑走路で航空機を牽引し、離陸準備が整うまでジェットエンジンを走らせる必要がない新しいタイプの車両を作りたいと考えていました。また、牽引車を安全かつ容易に飛行機に接続する方法や、パイロットに牽引車の完全な制御を提供する方法など、過去に同様の取り組みの妨げとなっていた主要な機能的問題に対処する必要がありました。

アプローチ

IAIは、トラックのインテリジェントソフトウェアシステムを構築するために、業界をリードするWind River®のリアルタイム組込みOSであるVxWorks®を選びました。 ウインドリバープロフェッショナルサービス は、DO-178B/ED-12B DAL B認証の取得を促進し、設計やプロジェクトの課題に対処するための広範なエンジニアリングの専門知識を提供しました。

導入効果

VxWorks組込みOSとWind Riverのテクノロジおよびプロジェクトサポートにより、TaxiBotチームは必要な業界安全認証を迅速に取得することが出来ました。これにより、プロトタイプから完全に認可された車両までの製品開発を大幅に短縮し、TaxiBotの、競合他社に比べて少なくとも5年以上の先取り貢献しました。