メディカル
OLYMPUS SURGICAL

オリンパス サージカル テクノロジーズ

ウインドリバー、オリンパスのESG 400の規制順守を支援

外科手術用高周波ジェネレーターを予算内でいち早く市場投入

事例の詳細はこちら

「ウインドリバーのサポートにより、IEC 62304とFDAガイダンスに準拠した書類を、カスタマイズして作成できました。容易かつ短時間でソフトウェア監査に合格し、予定より早くFDA認可製品を発売できました」

—オリンパス サージカル テクノロジーズR&D Surgical Therapy Software部門責任者、ルッツ・カースティーン氏

課題

低侵襲手術の分野におけるテクノロジリーダーであるオリンパス サージカル テクノロジーズ(以下、オリンパス)は、次世代の外科手術用高周波ジェネレーターの開発にあたり、強みに手中したいと考えていました。同社は、競争の激しい市場の中で、迅速に必要な承認を得るためには、信頼できるベンダーにソフトウェア開発と検証をアウトソースする必要がありました。

アプローチ

オリンパスは、新しい安全性が要求されるRTOSの開発、文書化、検証をウインドリバーに委託しました。ウインドリバープロフェッショナルサービスは、VxWorks®のフルボードサポートパッケージとカスタマイズされたハードウェアサポートを開発しました。ウインドリバーエデュケーションサービス は、同社のニーズに合わせてクラスをカスタマイズし、アプリケーション開発者の教育のスピードアップを実現しました。

導入効果

オリンパスの社内開発チームは、差別化されたアプリケーションの開発に集中することができ、革新的な製品をいち早く市場に投入し、FDAの承認を得ることができました。このプロジェクトは予定通り、予算内で完了し、両社の継続的な協力関係の基礎を築くことができました。