オートモーティブ
Bosch Motorsport

ボッシュモータースポーツ

ウインドリバー、開発期間を半分に短縮

VxWorksを搭載したECUでボッシュが大勝利

事例の詳細はこちら

「ウインドリバーのおかげで、厳しい納期を守りながら、高度かつ高品質の製品を開発できました。モータースポーツ用ECUの開発期間を50%以上短縮できました」

—ボッシュモータースポーツ、ハードウェア開発担当グループリーダー、マルクス・キルシュナー氏

課題

モータースポーツの耐久レースでは、ドライバーの安全を確保するために、ハードなリアルタイムエンジン性能が求められます。 また、レースエンジニアが勝利につなげるための膨大な量のマシン間パフォーマンスデータを、リアルタイムで収集し、解釈する必要があります。エンジン制御ユニット(ECU)は、ハードウェアとソフトウェアのアーキテクチャを結合して、車載システムを構築、制御します。このような状況の中、ボッシュは市場シェアを維持するためには、改良された新製品をいち早く市場に投入する必要がありました。

アプローチ

ウインドリバーは、完全に統合されたVxWorks® プラットフォーム、ミドルウェア、 ツール、BSPの利用、 の利用、テクニカル サポート、サービス、トレーニングを含む包括的なソリューションを提供しました。このパートナーシップにより、ボッシュはエンジン性能とレース用テレメトリーを記録的な速さで更新することが出来ました。

導入効果

従来、ECUを動かすシステムの開発には、1年半から2年を要していました。ウインドリバーのソリューションとサポートにより、ボッシュは開発期間を50%以上短縮し、同年に開催されたシルバーストーン6時間レース、スパ6時間レース、そしてFIA世界耐久選手権の最高峰であるル・マン24時間レースという3つの主要な世界イベントで優勝しました。ボッシュはVxWorksを活用して、レースエンジニアが競争力を維持しながら車両性能を最適化できるコンポーネントを作り続けています。