航空宇宙・防衛
BAE

BAEシステムズ

BAE、英国空軍の納期、および安全性とセキュリティに関する厳しい要件を満たす

VxWorksのRTOSと開発ツール、先進の戦闘機のレーダーマップ表示システムを強力に支援

事例の詳細はこちら

「TARDISプロジェクトをウインドリバープラットフォーム上で標準化することで、設計開発を加速し、厳格な安全・セキュリティ要件を満たすことが可能なソフトウェア基盤を得ることができました」

— BAEシステムズ社広報担当者

課題

英国空軍は、Tornado GR4低レベル攻撃ジェットのために、エラーのないナビゲーションを迅速に開発する必要がありました。TARDISと呼ばれるこのシステムは、パイロットとナビゲーターの両方にレーダーデータとデジタルムービングマップ表示データをオンザフライで処理する必要があります。課題は、複数の高度に洗練されたソフトウェアアプリケーションを確実に統合し、フルカラーのリアルタイム表示を実現することでした。

アプローチ

BAEシステムズ(以下、BAE)は、VxWorks® リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)、 開発ツールプラットフォーム、, and Wind River® プロフェッショナル・サービス を採用し、最先端のTornado Advanced Radar/Map Display Information System(TARDIS)を提供しました。

導入効果

ウインドリバーの製品とサービスを使用して、BAEのアビオニクスエンジニアは、液晶アクティブマトリクスディスプレイ、最新のレーダー処理技術、地図生成ソフトウェアとグラフィックスを使用した最先端のシステムで、困難な納期に対応することができました。ARDISには、パイロットとナビゲーターが同時に、または別々に表示を見ることができるデジタルカラーディスプレイ画面が用意されています。このシステムは、レーダーデータとデジタルムービングマップ表示データを統合し、低レベルの地形ナビゲーションと回避機能のための最適な状況認識を可能にします。