WIND RIVER STUDIO: エッジデバイス


仮想化OS

マルチOSで、重要度が異なるアプリケーションが混在する環境を、単一のエッジコンピューティングソフトウェア
プラットフォームに統合します。管理を容易にし、セキュリティを維持できる、将来性の高いクリティカルインフラストラクチャの構築が可能です。

エッジコンピューティングでのインテリジェンスを実現する
レガシーシステムの最新化

レガシーアプリケーションをサポートしつつエッジでより多くのインテリジェンスを得るには、長年稼働し続けている専用ソフトウェアを使用しながら、最新のソフトウェアやクラウドでデプロイされた手法を素早く導入する必要があります。こうした課題に対応するため、Wind River Helix Virtualization Platformは、レガシーソフトウェアを変更せずに新しいアプリケーションと並行して実行できるようにしました。これにより、幅広いエッジデバイスにわたり、一貫性があり、スケーラブルでアジャイルなプラットフォームの持つ利点を実現することが可能です。

Wind River Helix Virtualization Platformの利点

Environment

さまざまなユースケースに対応

  • 堅牢なタイム/スペースパーティショニング機能を必要とする、高度に制御されたアプリケーション
  • 認証要件のない複数のワークロードの組み合わせ
  • 重要度が異なるアプリケーションの混在環境: 安全な認証済みアプリケーションと認証不要アプリケーションの組み合わせ
Devsecops

業界をリードする、リアルタイムOSテクノロジーを活用

  • 堅牢なタイム/スペースパーティショニング機能
  • 安全な認証済み機能
  • COTS認証取得用ドキュメント
  • 9,000を超える企業からの信頼
  • 550以上の安全性認証プログラムでの採用実績
Devsecops

複数のOSに対応

  • VxWorks® RTOS
  • Wind River Linux
  • オープンソースLinux
  • 自作OS
  • ベアメタル
  • 任意のゲストOS

コストの削減、複雑さとリスクの軽減

  • 幅広い業界標準をサポート
  • アプリケーションの統合と将来性
  • 堅牢なパーティショニング
  • Wind River Workbench IDEおよびWind River Simics®シミュレーション
other

認証取得に対応

  • ISO 26262 自動車の機能安全
  • IEC 61508 産業の機能安全
  • DO-178C 航空機搭載システムの安全規格

複数のアーキテクチャに対応

  • Arm®およびIntel®プラットフォーム
  • マルチコアハードウェアサポート

各市場でのユースケース

リソース