航空宇宙・防衛業界向けの標準規格

ARINC 653

ARINC 653 (Avionics Application Standard Software Interface) は、最も要求レベルが高い統合化アビオニクス(IMA)アーキテクチャを実現します。ソフトウェアの時間と空間のパーティショニング機能は、セーフティクリティカルなアビオニクスリアルタイムオペレーティングシステムに最適です。IMA構成において、同一のハードウェア上で、異なるレベルの複数のソフトウェアアプリケーションを実装することができます。

Wind River® VxWorks® 653 Platformは、航空宇宙・防衛業界の標準であるIntegrated Modular Avionics(IMA)のARINC Specification 653を実装しています。220社以上を超える顧客の、360以上のプロジェクト、100種類以上の航空機(商用および軍用)にVxWorks 653が使用されています。

» VxWorks 653の詳細はこちら

Eclipse

Eclipseは、コンピュータプログラミングで使用される統合開発環境です。IBMが開発したEclipseは、ベースとなるワークスペースと、プログラム開発環境をカスタマイズするための拡張可能なプラグインシステムで構成されています。

Wind River Workbenchは、エンタープライズシステム向けのオープンスタンダードな開発フレームワークであるEclipseをベースにしています。ウインドリバーは、シングル、マルチボード、マルチプロセッサ、マルチコア環境におけるマルチスレッドの組込みソフトウェア開発を強力に支援します。また、大規模なパートナーエコシステムにより、ウインドリバーの幅広いソリューションと迅速かつ確実に統合し、豊かな開発エクスペリエンスを提供します。

» Workbenchの詳細はこちら

連邦情報処理規格(FIPS)140-3

システム内で使用される暗号アルゴリズムは、米国商務省およびカナダ・サイバーセキュリティセンターが要求するFIPS 140-3規格に準拠している必要があります。FIPS 140-1は1994年に初版が発行され、その後140-3へと更新し、2019年3月に承認され、2020年の9月から実装されることになりました。FIPS 140-3は、2つの国際標準規格である、ISO/IEC 19790:2012(セキュリティ要件)、ISO/IEC 24759:2014(テスト要件)と整合しており、国境を越えてコミュニティを統一しています。

FIPS 140認証の暗号アルゴリズムは、多くの標準(NIST 800-53、セキュリティ要件ガイドなど)の中心となっています。ウインドリバー製品は、FIPS 140認証アルゴリズムをサポートしてきた長い実績があり、当社のプロフェッショナルサービスチームは、現行製品または旧バージョン品にかかわらず、お客様を支援します。

» Wind River Linuxの詳細はこちら

» VxWorksの詳細はこちら

Future Airborne Capability Environment (FACE)

FACEは、政府、各業界、学界のコラボレーションにより、ソフトウェア標準とビジネス戦略を策定しています。また、航空機搭載の機能を手頃な価格で提供し、実用化までの時間の短縮、新しい機能とイノベーションを航空業界に迅速に提供することを目的としています。FACEアプローチは、技術およびビジネスプラクティスを統合し、ソフトウェアシステム間で移植可能な機能を支援する標準的な共通操作環境を構築します。

ウインドリバーは、30社以上の軍用機のシステムサプライヤによるグローバルな標準化活動を全面的にサポートし、重要な電子機器システムにレガシーアプリケーションと新規アプリケーションを幅広く迅速に統合するためのオープンプラットフォームを構築しています。FACEは、The Open Groupによって管理されています。

ウインドリバーは、FACE Consortiumの創設メンバーであり、現在、FACE Reference Architecture’s General Purposeである安全とセキュリなOSプロファイルをサポートする安全でセキュアなプラットフォームを提供します。

FACE General Purposeプロファイル: Wind River Linuxは、FACE General Purpose Profileをサポートします。POSIX 1003.1-2008に完全準拠しているWind River Linuxは、標準ベースの基盤上で幅広いアプリケーションのサポートを可能にするFACE General Purpose Profileに完全に準拠することになります。

FACEセーフティプロファイル: 厳しい安全性やARINC 653の時間と空間のパーティショニングの要件を満たすアプリケーションでは、Wind River VxWorks 653 PlatformがFACE Safety Profileを満たすプラットフォームとして最適です。VxWorks 653は、220社を超える顧客の航空機100機種以上で、360件以上のプロジェクトにおいて使用されている市場をリードするARINC 653プラットフォームソリューションであり、幅広い商用および軍事アプリケーションをFACEプラットフォーム上にデプロイすることを可能にします。

FACE Technical Standard, Edition 3.0: Wind River Helix™ Virtualization Platformは、最新のFACE Technical Standard, Edition 3.0への適合を達成しました。この認定により、安全基盤およびセキュリティプロファイルをサポートするオペレーティングシステムセグメント(OSS)としてのHelix Platformの適合性が確立されました

» VxWorks 653の詳細はこちら

» Wind River Linuxの詳細はこちら

» Wind River Helix Virtualization Platformの詳細はこちら

IEC 61508 – Functional Safety Standard (航空宇宙・防衛向け)

航空宇宙および防衛分野でも 産業用の機能安全規格であるIEC 61508が、地上兵器、レーダー、船舶搭載システムなど、さまざまな分野で採用されています。

VxWorks Cert Editionは、SIL 3におけるIEC 61508の完全な認証およびエビデンスパッケージにより、機能安全認証の要件を満たす商用オフザシェルフ(COTS)ソリューションを提供します。

Wind River Certified Network Stack for VxWorks Certは、VxWorks Cert Editionと組み合わせて使用できる組込み用TCP/UDP/IPv4ネットワークスタックで、 IEC 61508 SIL 3の完全な認証エビデンスを提供します。

» VxWorks Cert Editionの詳細はこちら

» Wind River Helix Virtualization Platformの詳細はこちら

Linux Standard Base (LSB) 5.0

LSBは、LSBに準拠したLinuxディストリビューションとアプリケーションの間でクロスプラットフォームの互換性を提供することを目的とした、Linuxディストリビューションとアプリケーションの標準規格群です。LSBは、POSIX®仕様、Single UNIX仕様(SUS)、その他のオープンスタンダードをベースに、特定の分野でそれらを拡張して開発されました。x86、PowerPC、MIPSの各アーキテクチャでサポートされています。Wind River Linuxは、Linux FoundationのLSB認証を受けるために必要なユーザ空間機能をすべてサポートしています。

» Wind River Linuxの詳細はこちら

OpenGL ES (組込みシステム)

OpenGL ESは、デスクトップ用OpenGLのサブセットで、リソースに制約のある組込みデバイスの要件に合うよう特別に設計されています。ヒューマンマシンインタフェース(HMI)およびグラフィカルユーザインタフェース(GUI)の要件に対して、VxWorksはすべての2Dおよび3Dグラフィックス要件のOpenGL ESをサポートしています。また、ウインドリバーのパートナープログラムを通じて、セーフティクリティカルなアプリケーション向けのOpenGL SCもサポートしています。

» VxWorksの詳細はこちら

» ウインドリバーパートナープログラムの詳細はこちら 

POSIX PSE52

POSIX PSE52は、IEEE Std 1003.13 Profile PSE52に基づくリアルタイムサービスを提供するオペレーティングシステム環境のための製品規格です。エンタープライズシステムとの統合を容易にするため、VxWorksは幅広いPOSIXシステムコールを提供し、IEEE Standard 1003.13 PSE52組込みシステムプロファイルに準拠し、POSIX PSE53プロファイルの90%以上に適合しています。.

» VxWorksの詳細はこちら

POSIX PSE54およびIEEE 1003.1

IEEE Std 1003.13プロファイルPSE54に準拠したリアルタイムサービスを提供するオペレーティングシステム環境を対象としている製品規格です。アプリケーションの移植性をソースコードレベルでサポートし、標準的なオペレーティングシステムのインタフェースと環境の提供、ファイルシステムの完全実装、複数ユーザのサポートを提供します。Wind River Linuxは、組込みシステムにおける企業由来のソフトウェアの利用を促進するため、900以上のPOSIXシステムコールからなるIEEE Standard 1003.1およびPOSIX IEEE Standard 1003.13 PSE54への完全準拠を実現しています。

» Wind River Linuxの詳細はこちら

RTCA DO-178C/EUROCAE ED-12C

RTCA DO-178CとEUROCAE ED-12Cは、ガイダンスドキュメント「Software Consideration in Airborne Systems and Equipment Certification」の略称です。このガイダンスドキュメントはRTCAとEUROCAEが共同で作成し、各組織が整合文書として公開したものです。このドキュメントは、アビオニクスコミュニティに対して、航空システムおよび機器のどのソフトウェア側面が耐空性要件に適合しているかを、一貫した方法で、許容できるレベルの信頼性をもって決定するためのガイダンスを提供するものです。このドキュメントでは、レベルAからレベルEまでのいくつかの設計保証レベル(DAL)が定義されており、レベルAのソフトウェアが故障すると、航空機の致命的な故障状態を引き起こし(またはその一因となり)、人命が失われることになります。ソフトウェアの設計保証レベルは、システムレベルの安全性評価に基づいて設定されます。

Wind River DO-178 and ED-12 COTS Certification Evidence DVDには、70,000以上のハイパーリンクファイルを含む完全なDAL A認証パッケージが含まれており、お客様は開発コストの削減と市場投入までの時間の短縮を実現することが可能です。

VxWorks Cert Editionは、RTCA DO-178およびEUROCAE ED-12の厳しい要件を満たす必要があり、最高の安全レベルであるDAL Aまで認証されたセーフティークリティカルなアプリケーションを提供するためのCOTSソリューションです。

IMAシステム向けに、VxWorks 653 Platformは、RTCA DO-178およびEUROCAE ED-12(最大DAL A)を必要とするシステム向けのARINC 653の使用をサポートする業界最先端のCOTS認証エビデンスパッケージを搭載しています。

Wind River Certified Network Stack for VxWorks Cert and VxWorks 653は、VxWorks Cert Editionと組み合わせて使用できる組込みTCP/UDP/IPv4ネットワークスタックで、DAL AでのRTCA DO-178およびEUROCAE ED-12の認証エビデンスを完備しています。

» VxWorks Cert Editionの詳細はこちら

» VxWorks 653の詳細はこちら 

RTCA DO-297と EUROCAE ED-124

RTCAドキュメントDO-297「Integrated Modular Avionics (IMA) Design Guidance and Certification Considerations」は、アビオニクス機器の認証、ひいてはホスト航空機の認証に不可欠なドキュメントの1つです。DO-297に相当するEUROCAEはED-124です。

共有アビオニクスコンピューティングプラットフォームにおける重要なソフトウェアプラットフォームとアプリケーションのデプロイに複数のベンダが参加できるよう、VxWorks 653はRTCA DO-297およびEUROCAE ED-124仕様を使用してプラットフォームサプライヤ、アプリケーションサプライヤ、システムインテグレータの役割ベースの開発に対応しています。

»VxWorks 653の詳細はこちら

RTCA DO-254と EUROCAE ED-80

RTCAとEUROCAEによって発行されたドキュメントRTCA DO-254/EUROCAE ED-80, Design Assurance Guidance for Airborne Electronic Hardwareは、航空電子ハードウェアの開発に関するガイダンスを提供します。2005年、FAAは,航空機搭載電子ハードウェアの設計保証のための準拠手段としてDO-254を制定しました。DO-254では、航空機搭載システムの電子ハードウェアの故障が航空機の運航に与える影響に基づいて、AからEの5段階の準拠レベルが設定されています。レベルAは最も厳しく、「壊滅的」な影響を与えると定義され、レベルEのハードウェアの故障は航空機の安全性に影響を与えません。

Software Communications Architecture (SCA) 2.2.1/2.2.2

U.S. Department of Defense Joint Tactical Networking Center(米国国防総省統合戦術ネットワーキングセンター)によって作成されたソフトウェア通信アーキテクチャV 2.2.2製品移行ガイドは、ソフトウェア通信アーキテクチャ(SCA)準拠の製品をバージョン 2.2.2から 4.1準拠に移行するための実用的なガイダンスと提案を提供することを目的としたエンジニアリング重視のドキュメントです。この仕様には、安全性、機能性、コスト効率に優れた、より高性能な無線製品の開発とデプロイを促進する機能が多数盛り込まれています。

Wind River LinuxとVxWorksは、JPEO Joint Tactical Radio Systems(JTRS)2.2.1およびSCA 2.2.2に完全に準拠しており、重要な通信コンポーネントと迅速に統合して、次世代の軍事および商用通信システムへのソフトウェア定義無線(SDR)のデプロイの加速化を実現します。

» Wind River Linuxの詳細はこちら

» VxWorksの詳細はこちら

産業機器業界向けの標準規

IEC 61508 - 機能安全規格

インダストリアル業界用としては、IEC 61508が機能安全規格として採用されています。IEC 61508から派生した規格として、医療機器ソフトウェアの国際規格IEC EN 62304やISO 26262 Road Vehicles Functional Safety Standard(自動車の電子・電気安全関連システム全般に対する自動車機器の機能安全)などがあります。鉄道輸送用には、EN 50128/9があります。

VxWorks Cert Editionは、SIL 3におけるIEC 61508の完全な認証およびエビデンスパッケージにより、機能安全認証の要件を満たすためのCOTSソリューションを提供します。

Wind River Certified Network Stack for VxWorks Certは、VxWorks Cert Editionと組み合わせて使用できる組込みTCP/UDP/IPv4ネットワークスタックです。IEC 61508 SIL 3対応認証エビデンスを完備しています。

Wind River Helix Platformは、DO-178C Software Considerations in Airborne Systems、IEC 61508インダストリアル用機能安全、およびISO 26262自動車用機能安全規格の厳しい要件に従って、セーフティクリティカルなアプリケーションの認証を受けられるよう、また認証を簡略化できるように設計されています。

» VxWorks Cert Editionの詳細はこちら

» Wind River Helix Virtualization Platformの詳細はこちら

Linux Standard Base (LSB) 5.0

LSBは、LSBに準拠したLinuxディストリビューションとアプリケーションの間でクロスプラットフォームの互換性を提供することを目的とした、Linuxディストリビューションとアプリケーションの標準規格群です。LSBは、POSIX仕様、Single UNIX仕様(SUS)、その他のオープンスタンダードをベースに、特定の分野でそれらを拡張して開発されました。x86、PowerPC、MIPSの各アーキテクチャでサポートされています。Wind River Linuxは、Linux FoundationのLSB認証を受けるために必要なユーザ空間機能をすべてサポートしています。

» Wind River Linuxの詳細はこちら

OpenGL ES (組込みシステム)

OpenGL ESは、デスクトップ用OpenGLのサブセットで、リソースに制約のある組込みデバイスの要件に合うよう特別に設計されています。ヒューマンマシンインタフェース(HMI)およびグラフィカルユーザインタフェース(GUI)の要件に対して、VxWorksはすべての2Dおよび3Dグラフィックス要件のOpenGL ESをサポートしています。また、ウインドリバーのパートナープログラムを通じて、セーフティクリティカルなアプリケーション向けのOpenGL SCもサポートしています。

» VxWorksの詳細はこちら

» ウインドリバーパートナープログラムの詳細はこちら

IEC 62443

IEC 62443は、産業用オートメーションおよび制御システム(IACS)の安全な開発のためのセキュリティ規格を提供します。サイバーセキュリティの脅威から産業用ネットワークを保護するための、詳細かつ体系的なサイバーセキュリティの推奨事項を規定しています。

VxWorks Cert Editionは、IEC 61508 SIL 3の完全な認証とエビデンスパッケージにより、機能安全認証要件を満たすためのCOTSソリューションを提供します。 IEC 62443 part 4-2に準拠したGE Digital® Achilles Level II認証取得済みです。

» VxWorks Cert Editionの詳細はこちら

自動車業界向けの標準規格

ISO 26262 自動車用機能安全規格

ISO 26262は、自動車産業における機能安全に関する国際規格です。自動車に搭載されるハードウェアおよびソフトウェアのコンポーネントのうち、安全関連の電気・電子システムに適用されます。

Wind River Helix Platformは、DO-178C Software Considerations in Airborne Systems、IEC 61508インダストリアル用機能安全、およびISO 26262自動車用機能安全規格の厳しい要件に従って、セーフティクリティカルなアプリケーションの認証を受けられるよう、また認証を簡略化できるように設計されています。

» VxWorks Cert Editionの詳細はこちら

» Wind River Helix Virtualization Platformの詳細はこちら 

Linux Standard Base (LSB) 5.0

LSBは、LSBに準拠したLinuxディストリビューションとアプリケーションの間でクロスプラットフォームの互換性を提供することを目的とした、Linuxディストリビューションとアプリケーションの標準規格群です。LSBは、POSIX仕様、Single UNIX仕様(SUS)、その他のオープンスタンダードをベースに、特定の分野でそれらを拡張して開発されました。x86、PowerPC、MIPSの各アーキテクチャでサポートされています。Wind River Linuxは、Linux FoundationのLSB認証を受けるために必要なユーザ空間機能をすべてサポートしています。

» Wind River Linuxの詳細はこちら

医療機器業界向けの標準規格

IEC 62304医療機器向け標準規格

国際規格IEC 62304は、医療用ソフトウェアおよび医療機器内ソフトウェアの開発に関するライフサイクル要件を規定したものです。米国と欧州連合の両方で採用されており、両市場の規制要件に準拠するためのベンチマークとして使用できます。医療機器を市場に送り出すためには、医療機器メーカーはこの要求事項を遵守する必要があります。

医療グレードの要件を考慮して設計されたVxWorks Cert Editionは、IEC 62304規格の認証を取得しており、強力な組込みセキュリティ、明確に定義されたソフトウェアライフサイクルプロセス、医療機器の分類と使用を規定する制約への細心の注意を兼ね備えています。

Wind River Helix Platformは、DO-178C Software Considerations in Airborne Systems、IEC 61508インダストリアル用機能安全、およびISO 26262自動車用機能安全規格の厳しい要件に従って、セーフティクリティカルなアプリケーションの認証を受けられるよう、また認証を簡略化できるように設計されています。

» VxWorks Cert Editionの詳細はこちら 

» Wind River Helix Virtualization Platformの詳細はこちら

Linux Standard Base (LSB) 5.0

LSBは、LSBに準拠したLinuxディストリビューションとアプリケーションの間でクロスプラットフォームの互換性を提供することを目的とした、Linuxディストリビューションとアプリケーションの標準規格群です。LSBは、POSIX仕様、Single UNIX仕様(SUS)、その他のオープンスタンダードをベースに、特定の分野でそれらを拡張して開発されました。x86、PowerPC、MIPSの各アーキテクチャでサポートされています。Wind River Linuxは、Linux FoundationのLSB認証を受けるために必要なユーザ空間機能をすべてサポートしています。

» Wind River Linuxの詳細はこちら

輸送規格

EN 50128輸送規格

EN 50128は、CENELEC(欧州電気技術標準化委員会)が発行する認証規格で、鉄道制御および保護アプリケーションで使用する電気/電子/プログラマブル電子安全関連システムの機能安全およびその他の関連ソフトウェア規格について規定しています。

VxWorks Cert Editionは、EN 50128の厳しい国際要件を満たす必要があるアプリケーションを提供するためのCOTSプラットフォームを提供します。

» VxWorks Cert Editionの詳細はこちら