News Release
ウインドリバー、ノースロップ・グラマンのブラックホークコックピットデジタル化プログラムに採用


<h2>ウインドリバー、ノースロップ・グラマンのブラックホークコックピットデジタル化プログラムに採用</h2>

<p>&nbsp;</p>

<p><strong>ニュースハイライト</strong></p>

<p>&nbsp;</p>

<ul>
    <li>ウインドリバーのCOTSプラットフォームが、DO-178C認証の取得、FACE™対応、容易な移植性を実現する主要テクノロジとして貢献します。</li>
    <li>VxWorks 653はノースロップ・グラマンに、プログラムライフサイクルコストの削減を目指す、米国政府の最新の取り組みに沿った、アップグレード可能なプラットフォームを提供します。</li>
    <li>同プラットフォームは、185社を超える顧客の航空機70機種以上で325件以上のプロジェクトに使用されています。</li>
</ul>

<p>&nbsp;</p>

<p><strong>2015年3月18日、カリフォルニア州アラメダ発 —</strong>&nbsp;ネットワーク対応インテリジェント システム向けソフトウェアを提供する世界的なリーダー、<a href="/japan/">ウインドリバー</a>は、ノースロップ・グラマン社(NYSE:NOC)が、UH-60Vブラックホークに搭載される最新のヘリコプターデジタル化アビオニクスミッション機器パッケージに、Wind River VxWorks® 653プラットフォームを採用したと発表しました。</p>

<p>ウインドリバーの安全かつセキュアなOS製品ポートフォリオの一翼を担うVxWorks 653は、セーフティクリティカルな統合化アビオニクス(IMA)アプリケーションの実現をサポートする、商用COTSプラットフォームです。VxWorks 653により、ノースロップ・グラマンには、プログラムライフサイクルコストの削減を目指す、米国政府の最新の取り組みに沿った、DO-178C認証に対応したアップグレード可能なプラットフォームが提供されます。</p>

<p>ウインドリバーは先に、VxWorks 653の最新版をリリースしました。複数レベルのRTCA DO-178C認証に対応した、マルチコアチップのサポートや堅牢なアプリケーションパーティショニング機能、Future Airborne Capability Environment(FACE™)Technical Standard 2.1のSafety Base Profileのサポートなどが搭載されています。</p>

<p>ウインドリバーのOSプラットフォーム担当バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャー、ディニア・ダスツールは次のように述べています。「ARINC 653に完全準拠したVxWorks 653により、故障隔離を容易にする時間と空間の堅牢な分離が可能になるほか、小型化、軽量化、省電力化、さらには部品コストの削減を、業界先進の航空機で実現できます。このように重要なプログラムで、ノースロップ・グラマンに信頼されるテクノロジベンダに選ばれたことを誇りに思います。今後もお客様が次世代のアビオニクスプラットフォームで、イノベーションを推進する支援ができることは喜ばしい限りです」</p>

<p>ノースロップ・グラマン・エレクトロニック・システムズの状況認識システム担当バイスプレジデント、アイク・ソング氏は次のように述べています。「VxWorks 653を当社のミッション機器パッケージに搭載することで、お客様の長年にわたる複数のプラットフォームへの投資を有効活用できるシステムアーキテクチャを実現できました。VxWorks 653を使用すると、FACE™ Technical Standardへの対応、DO-178C認証の取得、アビオニクステクノロジのマルチコアハードウェア上での統合が可能です。その結果、性能の向上とライフサイクルコストの低減が図れます」</p>

<p>ウインドリバーは30年以上にわたって、セーフティ/ミッションクリティカルな製品の開発におけるアドバイザーとして信頼を得てきました。VxWorks 653は185社を超える顧客の航空機70機種以上で325件以上のプロジェクトに使用されており、世界中の有人/無人機の商用、軍用、宇宙用途の幅広いセーフティ/ミッションクリティカルなプロジェクトで、主要テクノロジとして貢献しています。</p>

<ul>
    <li>Wind River VxWorks 653プラットフォームの詳細については、<a href="http://www.windriver.com/products/vxworks/certification-profiles/#vxworks_653">こちら</a>をご覧ください。</li>
    <li>航空宇宙・防衛分野のウインドリバーの取り組みについては、<a href="http://www.windriver.com/markets/aerospace-defense">こちら</a>をご覧ください。</li>
</ul>

<p>&nbsp;</p>

<p><strong>ウインドリバーについて</strong><br />
ウインドリバーはインテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、ネットワーク対応インテリジェント システム向けソフトウェアを提供する世界的なリーディングカンパニーです。ウインドリバーは、1981年からエンベデッドデバイス向けソフトウェアを提供するパイオニアであり、そのテクノロジは20億を超える製品に使用されています。ウインドリバーは、業界でも屈指の包括的な組込みソフトウェアポートフォリオを有しており、ワールドクラスのプロフェッショナルサービスおよびサポートを提供し、さらにこれらは広範なパートナーエコシステムに支えられています。テクノロジと専門性を提供することで、安全、セキュア、そして信頼性に優れたインテリジェント システムの革新とデプロイを支援します。<br />
<a href="http://www.windriver.co.jp/">http://www.windriver.co.jp</a></p>

<p>Wind Riverは、Wind River Systems, Inc. および同社の関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。</p>

<p>&nbsp;</p>

<p><strong>お問い合わせ先</strong><br />
ウインドリバー株式会社<br />
東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクェアタワー<br />
マーケティング部<br />
<a href="https://reg26.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=pfr-qikh-1aa24bb82a1b44b00fb7a35832032b5b">お問い合わせはこちらから</a></p>

<p>&nbsp;</p>
 

Language
JS