インダストリアル
Parkeon

Parkeon

ウインドリバーとParkeon、「スマートシティ」の実現に向けて協働

パーキングメーター市場のグローバルリーダーが、ウインドリバープロフェショナルサービスによりインテリジェントな舗道のパーキングメーターを統合

事例の詳細はこちら

「思い描くオープンプラットフォームを構築するために必要なアーキテクチャを考えたとき、自社で構築するよりもはるかに堅牢な接続ソリューションが必要だということがわかりました。」

—Parkeon StreetSmartプログラム ディレクター マーク・ブロジー氏

課題

Parkeonは、次世代パーキングターミナルを開発する、都市モビリティテクノロジーにおけるグローバルリーダーです。同社は、主要なインテリジェンスをパーキングメーターからクラウドに移行し、便利でIoTネットワーク化されたキオスクを実現したいと考えていました。また、新しい舗道のパーキングメーターを同社のバックオフィスのビジネス業務システムと接続し、統合したいと考えていました。

アプローチ

Parkeonは、オープンプラットフォームを構築するためには、自社で構築するよりもはるかに強力で堅牢な接続ソリューションが必要であることを認識していました。同社は、市場投入までの時間を短縮し、リスクを軽減してエンドツーエンドのソリューションを実現するため、ウインドリバーのプロフエショナルサービスを採用しました。

導入効果

ウインドリバーとのパートナーシップにより、Parkeonは自社開発に比べて、短時間かつ低コストで、プロジェクトのリスクを抑えることができました。コストの削減だけでなく、市場投入までの時間を1年から半年に短縮できました。