オートモーティブ

フォードモーター

フォードのコネクテッドカーのリモート更新に、ウインドリバーが貢献

OTAアップデートにより、リコールのない、スマートで安全なインテリジェントカーを実現

動画:フォードがウインドリバーOTAアップデートテクノロジーを採用

「顧客満足度を向上させるために、継続的かつリモートでアップデートを行い、問題解決や新機能の導入を行うことは、これまで以上に重要になります。フォードのような企業に新しいイノベーションを提供することで、私たちは自動車メーカーとそのお客様の効率性と体験向上に貢献しています」

—ウインドリバー バイスプレジデント、マーカス・マキャモン

課題

フォードは、引き続き顧客満足度を高め、自動車業界の最先端を走り続けるために、OTA(Over-the-Air)アップデートテクノロジーを次世代自動車に導入していきます。自動車メーカーはOTAアップデートにより、安全でコスト効率の高いアップデートと新機能をコネクテッドカーに迅速に展開し、ソフトウェアのリコールやそれに付随するコストを削減することができます。

アプローチ

フォードはWind River® Edge Syncを採用しました。Edge Syncのテクノロジーは、データ量、転送時間、メモリ利用量を最小限に抑える、更新の差分を含む車両ソフトウェアのOTAアップデートを可能にします。 Edge SyncはインテリジェントなOTAアップデート/ソフトウェアライフサイクル管理ソリューションです。Edge Syncを利用することで、自動車メーカーはリモートで、組込みシステムの完全性の維持、機能とパフォーマンスの強化や重要なデータの収集と報告を車両のライフサイクル全体を通して行うことができます。

導入効果

Edge Syncを使用することで、自動車メーカーは、ドライバーの体験と車両の安全性の両方において、ソフトウェアイノベーションが果たす役割を最大限に生かすことができ、未来の自動車の新しいコンセプトを描くための強力なツールを得られます。ウインドリバーのOTAおよびライフサイクル管理テクノロジーは、自動車メーカーのコネクテッドカーの進化を支援します。