航空宇宙・防衛
Collins Aerospace

COLLINS AEROSPACE

世界初のマルチコア設計安全認証を取得したマルチコアアビオニクスを共同開発

マルチコアDO-178C DAL A認証取得中

動画:マルチコア認証への道のり

これまでに、マルチコアで厳格なアビオニクス安全規格に認定された設計はなく、業界を根本的に変える可能性を秘めていました。

課題

マルチコア製品は、最小のフットプリントで最大限の処理能力を提供し、サイズ、重量、消費電力(SWaP)に関連するコストを低減して、パフォーマンスを向上させます。コリンズエアロスペース社とウインドリバーの両社は、アビオニクス向けオープンシステムアーキテクチャ対応ソフトウェア仮想化プラットフォームの、明確な必要性を認識していました。このプラットフォームは、新しいアプリケーションをホストし、古いアプリケーションを統合して、高度にディターミにスティックである必要があります。その上、自律型およびオプションパイロット型のビジョンをサポートし、最高レベルのアビオニクス安全認証を取得する必要がありました。しかし、これまでにマルチコアで厳格なアビオニクス安全規格に認定された設計はなく、業界を根本的に変える可能性を秘めていました。

アプローチ

ウインドリバーとコリンズエアロスペース社は、DO-178C DAL A認証プロセスの一環として、FAA CAST-32Aマルチコア認証の目標を達成するための、設計、問題解決、認証作業を共同で行いました。両社は、今後の開発にむけて柔軟性を最大限に高めるたに、複数かつ安全レベルの異なるゲストOSを単一のマルチコア対応ハードウェアプラットフォーム上で安全に展開できる、VxWorks® 653 Multi-core Editionを採用しました。

導入効果

ウインドリバーとコリンズエアロスペース社は、テクニカルおよびプログラム認証取得を行うリスクを大幅に削減すると同時に、利用可能な開発リソースを増加させました。マルチコアでDO-178C DAL A認証を取得するための共同アプローチについての詳細は、ホワイトペーパーをご覧ください。コリンズ・エアロスペース社とウインドリバーは、Safety-Critical Systems Symposium (SSS’19)、Avionics Expo、SAE AeroTech Americasで論文を発表するために選ばれました。