Wind River
Managed Services 

お客様が付加価値や競争力を高める機能の開発に注力するために、インテリジェントエッジの開発を支援するのが、マネージドサービス (受託開発)です。

 

マネージドサービスは、必要ではあるものの貴重な人的リソースを割くことができない場合、お客様に代わってエンジニアリング作業を担います。またお客様のエンジニアチームにとって経験の少ない領域の開発作業を、マネージドサービスのエンジニアエキスパートが支援いたします。 

成功を収めている企業は、自社開発にこだわらず、実績のあるテクノロジーを取り込むことや、一部の開発や運用作業を積極的にアウトソーシングする戦略を積極的に採用しています。市場調査会社のResearch and Markets社は、2020年から2025年にかけてマネージドサービスの市場が年平均11.27%の成長を示すだろうと予想しており、その要因として、急速なデジタル化とクラウドコンピューティングへの移行を挙げています。

ウインドリバーのマネージドサービス
ウインドリバーは、高い技術力を持つエンジニアを多数擁しており、お客様の開発およびデプロイメントのどの段階においても、また、プロジェクトの短期・長期のいずれの場合でも支援いたします。

マネージドサービスの特長
以下を含む、お客様のいかなるニーズにも対応可能です。

カスタムコンテンツ: Wind River LinuxまたはVxWorks®ソフトウェアプラットフォーム構築をもとに、ハードウェアBSPとランタイムのカスタマイズを行います。バグ修正、セキュリティパッチの監視、およびウインドリバーのエンジニアへの専用アクセスなどのメリットがあります。

フローズンブランチ: Wind River LinuxまたはVxWorksのコードブランチの古いバージョンを基に、最新のバグ修正とセキュリティパッチを提供します。 

オンデマンドエンジニアリング: ウインドリバーのエキスパートが、開発やデプロイ段階での作業を含む、お客様のハードウェアおよびソフトウェアプロジェクトにおけるカスタムエンジニアリング作業をオンデマンドでサポートします。 

バイナリ リリース: Wind River LinuxまたはVxWorksコードのビルドおよびメンテナンスを行い、すぐにデプロイ可能な検証済みバイナリイメージをソースコードとともに提供し、開発作業を支援します。 

レガシープロジェクト: ウインドリバーのOS上で動作しているかどうかに関わらず、レガシープロジェクトをサポートします。 

ウインドリバーのマネージドサービスをご検討中ですか?

マネージドサービスに関する質問にお答えください(英語)

 

提供サービス 

Intellectual Property Managed Services Safety & Certification Lifecycle Management Technical Growth Customer Support
 

新たなインテリジェントエッジ:AIベースのセキュアな世界をウインドリバーは実現します。

Intelligent Edge ホワイトペーパーを読む