AI、5G、CLOUD。
世界で急速にデジタル化が進んでいます。

準備はできていますか? 

デジタルトランスフォーメーションへの準備 Arrow Right

2025年までに410億台以上のデバイスがインターネットに接続すると推定されています。生成されるデータの80%をエッジが管理するといわれている中、デジタルトランスフォーメーションは必然ですが、どのように推進していくべきでしょうか?

準備を確認する10の質問 Arrow Up

リアルタイムAIの実現 Arrow Right

常に変化する世界では、アジリティが不可欠です。Build-once-and-deployモデルは、生成される膨大なデータの価値を実現する、AIや機械学習を活用したデジタル化への第一歩です。

ウエブセミナーを視聴する Arrow Up

膨大なデータの活用 Arrow Right

2025年までには、すべてのインターネットに接続されたデバイスから約80ゼタバイトのデータが生成され、そのほとんどがエッジを経由するといわれています。すべてのデータを効率的に設計、収集、管理するためには、開発者は新しいスキルが必要になります。

開発者に求められるIOTのTOP10スキル Arrow Up

増え続ける複雑性に対応する新たなアプローチ Arrow Right

世の中が複雑化していく中、デザインの新しいパラダイムが求められています。フレームワークから抽象化することにより、増加する複雑性を軽減し、インテリジェントに簡素化する必要があります。

新しい6つの設計の原動力 Arrow Up

デジタルトランスフォーメーションの準備はできていますか?

未来がどのように変革していくか予測は難しいことですが、デジタルトランスフォーメーションを推進している多くの企業は、成功を収めています。

デジタルトランスフォーメーションについて、ウインドリバーのエキスパートへご相談ください。

お問い合わせ

こちらのフォームを送信することにより、お客様の個人情報が処理のためにウインドリバーによって使用され、また、ウインドリバーの個人情報保護方針に基づいて、製品およびサービスに関する詳細情報が送信されることに同意したものとみなされます。ウインドリバーの個人情報保護方針の詳細につきましては以下をご覧ください windriver.com/company/terms/privacy.