進化するオートモーティブのユースケース

オートモーティブの世界で、イノベーションを進める鍵はソフトウェアです。最近の自動車には、何万行ものソースコードが必要であり、マイクロプロセッサベースの複数の電子制御装置(ECU)が車体のすべてを通じてネットワーク化されています。顧客体験の差別化を図るには、これらがすべて車載情報(IVI)システムに統合される必要があります。また、自動車の安全性コンポーネントと消費者をつなぐハブとなるヘッドユニットに、携帯端末とクラウドサービスを接続しなければなりません。オートモーティブソフトウェアが複雑化するこうした傾向から、新たな課題が増え続けた結果、自動車メーカーは長期的なメンテナンスとサポートのソリューションを提供できる信頼性の高いパートナーを求めるようになってきました。

ウインドリバーのソリューションが、こうした課題の解決をサポートします。Wind River Professional Servicesのチームは、自動車の開発プロセス、最終製品、品質要件を知り尽くした数百人の専門家を全世界に擁しています。オートモーティブのどんなユースケースでも、お客様の未来をいち早く確実に実現するためにウインドリバーはお手伝いします。

 

 

 

 

 

ユースケース

車載情報システム

ネットワーク対応が進んだ今日の世界で、消費者は移動中でも途切れることのない接続を必要としており、IVIシステムがオートモーティブ市場で大きな差別化要因となっています。ドライバの注意をできるだけ散らさないユーザフレンドリなインタフェースや、最近の携帯端末とシームレスに統合される情報システムが、この市場での成功には不可欠です。
詳細はこちら »

ビジネス上の課題

テレマティクス

最近の市場予測では、全世界における自動車用の組込テレマティクス市場の複合年間成長率(CAGR)は、2011年から2015年で32.8%に達すると見込まれています。このような成長は、自動車メーカーとエンドユーザの双方にとって明らかな利点によって後押しされていますが、その一方でデータセキュリティと開発サイクルは依然として採用を阻む障害であり続けています。
詳細はこちら »

ビジネス上の課題

Electronic Control Units

ECUへの対応

コスト削減と複雑さの緩和を進め、品質を維持しながら、増え続けるECUを管理することが、オートモーティブの世界で大きな課題です。OEMメーカーとサプライヤは、ECUを集約・統合して、ネットワーク対応システムを構築しつつコストと電力消費を削減しなければなりません。
詳細はこちら »

ビジネス上の課題

Integrated Displays

統合ディスプレイ

車載の機能が増えてくると、関連する情報をすべてユーザフレンドリな形で表示するという需要も高くなってきます。センターディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、計器クラスタも、今のお客様の期待に応えるべく進化する必要があります。ディスプレイユニットが複雑になるとともに、ソフトウェア機能ブロックの集中化が進みます。
詳細はこちら »

ビジネス上の課題

Thank You

Wind River, a wholly owned subsidiary of Intel Corporation (NASDAQ: INTC), is a world leader in embedded and mobile software. Wind River has been pioneering computing inside embedded devices since 1981 and its technology is found in more than 500 million products