Wind River Simics

開発の各段階を加速

Wind River® Simics®は、チップからシステムに至るまですべてをシミュレートします。アジャイル開発に必要な可用性、自動化、コラボレーションツールを提供します。

Wind River Simicsは、最小のシステムから高度に複雑なシステムまで、あらゆるシステムをシミュレートします。そのため、物理的なハードウェアでは不可能な新しい開発手法を採用できます。こうした新しい開発手法では、開発ライフサイクルのすべての段階を加速でき、出荷の遅れ、予算オーバー、品質面の妥協というリスクが大幅に減少します。

利点

可用性

最初から実システムで開発

製品ライフサイクルのあらゆる段階で、仮想システムが利用可能になります。社内の開発グループは、実際のボードの設計中に、プラットフォームインテグレータに仮想ボードを提供できます。プログラムのさまざまな部分を担当しているパートナー企業は、共通のシステムを利用して開発できます。セールス部門やトレーニング部門は、シミュレートしたハードウェアをチームに提供すれば、高評を得ることができます。

コラボレーション

1つのチームに1つのシステム、容易なコミュニケーション

Simicsにより、システムのハードウェア、ソフトウェア、現状、実行履歴を単一のユニットとして、場所を問わずチーム内の全員が簡単にコピー、伝達、複製できます。開発、テスト、インテグレーション、サポート、メンテナンスといったチーム間でのコミュニケーションが容易になります。

自動化

夜間にテストを実施して並行開発

Simicsのスクリプト機能とプログラム可能性により、バグ検出を自動化できます。Simicsのデバッガは、ターゲットシステム全体を1つのユニットとしてデバッグします。これには、すべてのレベルのソフトウェアスタックと、複数のOSインスタンスやボードが含まれます。また、SimicsのOSアウェアネスによって、OS、ハイパーバイザ、BIOSとともに個々のユーザ空間アプリケーションをデバッグできます。

デモを見る

Simicsを使ってみる

Simicsでどれほど簡単にセッションをセットアップできるかをご覧ください。基本機能もいくつかご紹介します。

逆実行

Simicsは、ターゲットシステムのシミュレーションに基づいてソフトウェアを開発する新タイプの手法です。組込み開発の制約からユーザを解放して、製品開発ライフサイクルを加速します。

システムエディタ

Simics Eclipse UIを使用して、以前に作成、実行したSimicsシミュレーションを再設定する方法をご説明します。

チェックポイントを使ったコラボレーション

記録されたチェックポイントを使用して、他の開発者とどのように共同作業や実行シナリオの共有を行えるかをご紹介します。

デバイスモデル構築

新しいデバイスを構築し、既存のターゲットシステムに追加し、Simicsモデリングプロセスを作成から完成まで体験する方法をご紹介します。

Simicsネットワークシミュレーション

複数のマシン、アーキテクチャ、OSで構成される異種ネットワークをSimicsでいかにシミュレートし、処理するかをご覧ください。

Simicsと物理シミュレーション

Simicsと物理シミュレータを統合し、サイバーフィジカルシステム全体をシミュレートする方法をご説明します。時間を早送りし、不具合を挿入して、ソフトウェアが(仮想)現実にどのように対応するかをテストします。

詳細情報