VxWorks 653 FACE 認定

セーフティクリティカルな統合化アビオニクス(IMA)アプリケーションを、
防衛プログラムや航空機で再利用

ウインドリバーは、グローバルな防衛プログラムを対象にした オープンアーキテクチャで標準ベースのFACE 適合認定製品の市場をリードしています。

VxWorks® 653 プラットフォームが、FACE (Future Airborne Capability Environment)Operating System Segment(OSS)Safety Base Profileとの適合を認定されました。

VxWorks 653は、FACE認定の大きな節目を達成した初のCOTS製品です。これで、FACEとの適合の検証をクリアした他のFACEソフトウェアコンポネントと、迅速にインテグレーションできます。

FACE規格

FACEの取り組みは、ソフトウェアシステムの手頃な価格での調達を目指した、産官のソフトウェア規格およびビジネス戦略です。グローバルな防衛プログラムのイノベーションや、移植性のある機能の迅速なインテグレーションを促進します。

FACEとの適合により、以下を実現できます。

  • メーカーや隊務の調達コストを削減

  • 特定のサプライヤへのロックインを回避、防止

  • Better Buying Power 3.0などの政府調達指令に対応

  • ARINC 653やPOSIX®アプリケーションソフトウェアを、FACEとの適合の検証を完了した移植性のある他のFACEソフトウェアコンポネントと、簡単かつ迅速にインテグレーション

  • 移植性を高め、グローバルな防衛プログラムやプラットフォームの間で再利用

The Open Groupが運営するFACE Consortiumは、グローバルなFACE仕様の基盤として、一連のビジネス文書と技術文書を策定しています。仕様は、90以上の産官組織と、1,000人以上の個人に支持されています。ウインドリバーでは、FACE検証機関(VA)のTES-SAVIと協力して、厳しいFACE適合認定試験を完了しました。

テクノロジ

VxWorks 653は、COTSのARINC 653リアルタイム動作環境のトップ製品です。200社を超える顧客の民間航空機、軍用機80機種以上で、400件以上のプロジェクトに使用されています。ボーイング787ドリームライナー、エアバスA400M、ノースロップ・グラマンUH-60Vブラックホークのアビオニクスアップグレードにも採用されています。

VxWorks 653の堅牢なタイム/スペースセーフティパーティショニング機能と仮想化機能は、ミッションクリティカルな認証済みアビオニクスシステムで実績があります。インダストリアル分野や輸送分野の重要なシステム/デバイスにも適しています。