WIND RIVER LINUXGITHUBで入手

ウインドリバーでは、Wind River® Linuxの無償版をGitHubで提供しています。
Wind River Linuxは多くの実績と信頼性に裏付けられたオペレーティングシステムで、ネットワークに接続されたエッジデバイス、サーバー、および仮想環境をはじめとする組込みシステムなど、幅広い用途に最適です。

GITHUBから無償版をダウンロード

Wind Liver Linuxの無償版を入手するには、下記の"GitHub ダウンロード" ボタンをクリックしてください。Wind River Linuxを使ったプラットフォームの開発手順については、クイックスタートガイドを参照してください。

GitHub ダウンロード

branchName: WRLINUX_10_19_BASE
repoURL: git://github.com/WindRiver-Labs/wrlinux-x.git

Wind River Linuxが選ばれる理由

業界をリードするWind River Linuxは、優れた組込み製品を実現するオペレーティングシステムであり、オープンソースにおける技術イノベーションを元に開発されています。オープンソースコミュニティの献身的な努力と最新テクノロジーによって開発された最新のコードを、お客様の製品にお役立てください。

ウインドリバーがGitHubで提供している無償のダウンロード版は、サブスクリプションベースの商用版を元にしています。無償版と商用版の違いは次のとおりです。

無償版 長期サポート(LTS)サブスクリプション 継続的デリバリー(CD)サブスクリプション
リリースの頻度 年1回
コミュニティメンテナンスあり
年1回
定期サイクルでの累積パッチリリース(RCPL)あり
継続的
3週間ごとのリリース
ライフサイクル 12か月
コミュニティに合わせたサイクル

60か月
オプションで最大15年間まで延長可能

カスタムコンテンツマネージメント(オプション)
が利用可能

3週間
次のリリースまで

カスタムコンテンツマネージメント(オプション)
が利用可能

サポート なし

標準
サービスレベル契約(SLA)に基づく

プレミアムサポート(オプション)
が利用可能

標準
SLAに基づく

プレミアムサポート(オプション)
が利用可能

メンテナンス コミュニティ コマーシャル
SLAに基づく
累積パッチとバックポートあり
コマーシャル
SLAに基づく
差分更新と差分アップグレードあり

製品搭載に適した商用版のメリット

製品に搭載されているOSに対して、サポートやメンテナンスを行うには多大なコストが掛かります。そこでウインドリバーでは、お客様が付加価値の創出に注力できるように、組込み製品やIoT機器の開発、デプロイ、および出荷後のメンテナンスに要するトータルコストオブオーナーシップを抑えられるフルサポート付きのWind River Linuxをサブスクリプションとして有償で提供しています。

商用版Wind River Linuxの特長

  • お客様の製品のライフサイクルにわたる長期サポート

  • セキュリティ脆弱性に関する継続的な監視と修正

  • 幅広いアーキテクチャを対象にしたBSPの提供 (詳細はこちら)

  • ISO 9001:2015品質マネジメントシステムの認証

  • ライセンスに関するデータ、ソースコードの法的事項、輸出開示情報

商用版Wind River Linuxに関するお問い合わせはこちらから