ウインドリバーニュースルーム

ウインドリバー、IBMと提携してインダストリアル分野向けにエッジからクラウドまでのIoT導入を加速

2016年1月27日、カリフォルニア州アラメダ発 — モノのインターネット(IoT)向けソフトウェアを提供する世界的なリーダー、ウインドリバーは、IBM社と協業して、ネットワーク対応スマートデバイスの開発の簡素化、加速を目指した「エッジからクラウドまで」のレシピを新たに提供することで、インダストリアル分野のお客様のIoT導入を促進すると発表しました。

新しいレシピでは、IBM Watson IoT Cloud Platformの各種サービスにWind River HelixTMポートフォリオ製品を統合する方法を、お客様に紹介します。インダストリアル分野のお客様はレシピの手順に従って、ウインドリバー製ソフトウェアが稼働する産業用デバイスを、IBM Watson IoT Cloud Platformに接続し、IBM Bluemixクラウドサービスやアナリティクスにアクセスすることが可能になります。IoT開発者はネットワーク対応スマートデバイスを、より迅速かつ容易に開発できます。

また、IBMとウインドリバーのレシピおよびリファレンスアーキテクチャでは、デバイス管理、IBM機械学習のIoTへの応用など、トータルなIoTソリューションに必要な構成要素も提供します。リファレンスアーキテクチャには、スマートビルディング、輸送、ファクトリオートメーション、ヘルスケアなど、さまざまな市場でデバイスやシステムの運用管理やデプロイを行うための各種機能が搭載される予定です。

今回の協力関係により、ウインドリバーとIBMは、エッジからクラウドまでのトータルなIoTソリューションを実現する、組み合わせ可能な要素を提供できるようになります。特に、ウインドリバーのOS製品(VxWorks®、Wind River RocketTM、Wind River PulsarTM Linux)や、SaaS製品ファミリWind River Helix Cloudを対象にしたレシピは、IBM Watson IoT Cloud Platform、IBM Bluemix、IBM IoT Real-Time Insightsと統合して、デバイスデータを処理する方法をお客様に案内するものになります。

IBMのWatson IoT事業部バイスプレジデント、ブレット・グリーンスタイン氏は次のように述べています。「IBMは、モノのインターネット(IoT)が従来にない能力を発揮するものと認識しており、また、クラス最高のコネクティビティ、情報管理、経験知にもとづく能力によって、インダストリアルソリューションでウインドリバーとの協業を進めています。両社が力を合わせて、エンジニアによるネットワーク対応デバイスの開発や運用管理の向上を支援するとともに、ビジネスリーダーがインサイトを入手し、十分な情報に基づくビジネス上の意思決定をできるように支援することを目指しています」

ウインドリバーの最高プロダクト責任者(CPO)、マイケル・クルツは次のように述べています。「すでに明らかなように、インダストリアル分野ではIoTの膨大な可能性を生かすための機が熟しています。エッジからクラウドまでカバーするベストオブブリードのテクノロジをベースに企業を導くことで、IBMとウインドリバーはIoTの進展に重要な役割を果たし、急速に進化する市場でお客様が新世代のIoTを展開できるように貢献します」

ウインドリバー製品の包括的なポートフォリオであるWind River Helixは、エッジでのデバイスのセキュア化や運用管理から、ゲートウェイ、ネットワーク、クラウドとの連携まで、IoTの進展に対応できます。IoTがもたらすビジネスチャンスと課題にウインドリバーがどのように対応しているかについては、こちらでご覧いただけます。
http://windriver.com/japan/products/helix/

IBM Watson IoTの詳細については、こちらをご覧ください。www.ibm.com/IoT

ウインドリバーについて
ウインドリバーはインテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、モノのインターネット(IoT)向けソフトウェアを提供する世界的なリーディングカンパニーです。ウインドリバーは、1981年からエンベデッドデバイス向けソフトウェアを提供するパイオニアであり、そのテクノロジは20億を超える製品に使用されています。ウインドリバーは、業界でも屈指の包括的な組込みソフトウェアポートフォリオを有しており、ワールドクラスのプロフェッショナルサービスおよびサポートを提供し、さらにこれらは広範なパートナーエコシステムに支えられています。テクノロジと専門性を提供することで、安全、セキュア、そして信頼性に優れたインテリジェント システムの革新とデプロイを支援します。
http://www.windriver.co.jp

Wind Riverは、Wind River Systems, Inc. および同社の関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。

お問い合わせ先
ウインドリバー株式会社
東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクェアタワー
マーケティング部
お問い合わせはこちらから