求められる相互運用性、必要なパフォーマンスや信頼性を備えた
NFV(Network Functions Virtualization)

相互運用性の必要性と、ベンダロックインを回避したいという要望から、業界は「オープンな」NFVソリューションに向かっています。しかし、通信業界に求められる可用性とパフォーマンスのレベルが、オープンなNFV戦略を検討する際に特有の課題を生んでいます。そこで開発されたのがWind River® Titanium Cloud™です。以下に、通信ネットワークに特有の要件を満たしながら、オープンソリューションの可能性を引き出すのに役立つ知識や情報を集めました。



オープン性に関するアンケート調査

オープン性についての理解を深めるために、
ウインドリバーはOPNFVとTelecomTVと共同で業界アンケートを実施しました。
結果は非常に興味深いものでした。


アンケート結果を見る



オープンなNFVソリューションの構築を検討中ですか?
まず確認すべき7つの項目をご説明します。

チェックリストを確認する

ブログ

オープンソースNFVだからといって、画一的なNFVになるというわけではない

ブログ記事を読む →

オープンソースを利用しても、NFV市場で競合他社に勝つことは可能

ブログ記事を読む →

OPNFVはNFV互換性のデファクトスタンダードになるか?

ブログ記事を読む →

Titanium Cloud Ecosystem

Titanium Cloudに参加するパートナー企業が提供する、相互運用可能な検証済みソリューションのエコシステムをご紹介します。

詳細はこちら

Titanium Cloud Plarform

Wind River Titanium Cloudは、オープンスタンダードをベースにした、通信業界向けNFVソフトウェアソリューションです。

詳細はこちら