ウインドリバー: 通信事業者向け
オープンソリューションのリーディングカンパニー

通信事業者向けアプリケーションが直面する課題を解決

OpenStackは、通信事業者向けクラウドの主要な構成要素です。しかし、本来エンタープライズ向けだったため、通信事業者の要件を満たしているとはいえません。ウインドリバーは、この問題を解決します。OpenStackの最新安定版を土台に、信頼性、セキュリティ、パフォーマンスを重視した通信向け機能で強化します。さらに、Wind River Titanium Cloud™ 製品ポートフォリオにより、これらの機能を検証して、実証済みのパッチをオープンソースコミュニティにアップストリームします。

通信分野の課題をウインドリバーがどのように解決しているかについて詳しくは、2017年にボストンで開催されたOpenStack Summitでウインドリバーが参加した以下のセッションをご覧ください。

ウインドリバーの戦略の事例をご紹介しています。

製品の市場投入をスピードアップ

通信ユースケースの8割がOpenStackでの対応を待っているなか、製品リリースを遅らせる余裕はあるでしょうか。Titanium Cloudなら、高可用性インフラクラウドを今すぐ実装できます。Titanium Cloudは、OpenStackをベースにした、通信分野の要件を満たす、あるいはそれを上回る製品ポートフォリオです。今すぐご利用いただけます。

実績のある相互運用性

オープンソースやオープンスタンダードは、相互運用性を保証するものではありません。Titanium Cloudアーキテクチャは100%オープンで、業界をリードするベンダの検証済みソリューションから構成されているTitanium Cloudエコシステムによってサポートされています。ベンダロックインを回避しながら、最適なソリューションを選ぶことが可能です。

Titanium Cloudは、2016年5月に開催されたOPNFV Plugfestで、オープンスタンダードとの完全相互運用性を実証した、唯一のNFV基盤(Network Functions Virtualization Infrastructure)プラットフォームです。

Titanium Cloudエコシステムでは、業界をリードするベンダのソリューションを検証します。

結論

通信ソリューションの仮想化を構築する際は、考慮すべき要素が多数あります。ウインドリバーでは、こういった要素を組み込んだROI/TCOモデリングツールを用意しています。通信事業者向けクラウドソリューションポートフォリオTitanium Cloudを使って、どのようにコストを削減したり、新たな収益をより速く創出したりできるかをご確認いただけます。

お問い合わせ