組込仮想化によるマルチコアへの移行

新しいCPUやCPUの特徴を、どのように生かしますか?ソフトウェアベースを妥当なコストで移行するにはどうしますか?ハードウェアが進化する一方で、既存アプリケーションの寿命を延ばすにはどうしますか?

従来の単一コアアプリケーションのマルチコアCPUへの移行は、新しいCPUの能力や性能的な利点を生かすには、非常に多くのリソースを必要とし、リスクを伴う場合があります。

ウインドリバーの組込仮想化ソリューションとは?

これまでのソフトウェア資産への投資は膨大です。既存の投資を新しいハードウェアやCPUに移行して、新機能を追加し、新しいハードウェアの能力や性能的な利点を活用することが課題です。

Easily migrate to new multi-core hardware and leverage new OS features

組込仮想化を利用して、新しいマルチコアハードウェアに移行し、OSの新機能を活用

組込仮想化を利用すれば、ベンダは既存のソフトウェア資産やイメージを従来の単一コアCPUからマルチコアCPUに移行し、能力や性能の向上を実現できます。組込仮想化を活用して従来のアプリケーションを1つの仮想パーティションに分離することで、開発者は既存のコードベースを最小限の負担で移植できます。

コードの移植に伴う課題は、未修正のゲストオペレーティングシステムをサポートする組込ハイパーバイザを使用することで、大幅に軽減できます。既存のコードを設計された環境で実行可能です。基盤となるハードウェアは、ハイパーバイザで抽象化されます。

新しいアプリケーションは、他の仮想化されたパーティションに従来の未修正のゲストオペレーティングシステムと一緒に追加できるので、開発者もベンダも、最小限の負担でデバイスの機能を拡張することが可能です。

未修正の従来のアプリケーションを組込仮想化パーティションに移植することで、デバイスメーカーはそのソフトウェア投資を維持し、汎用オペレーティングシステムを活用して、ヒューマンマシンインタフェースを向上させたり、以下のように幅広い製品機能を実装できるようになります。

組込仮想化を使用した移行により、以下の操作が可能です。

  • 既存の実績あるソフトウェア資産を、そのまま新しいハードウェアに移行する
  • 新しいオペレーティングシステムの機能を活用する
  • 世代の異なるハードウェアに対して同じベースイメージを使用する

組込仮想化ソリューションの評価と選定を行う際には、リアルタイムオペレーティングシステムの完全な製品ポートフォリオを提供できるベンダを選定することが重要です。リアルタイムオペレーティングシステムは多数のハードウェアアーキテクチャ上で、リアルタイムハイパーバイザや完全な開発ツールチェーンと緊密に統合されている必要があります。Wind River Embedded Development Kitsを確認して、専用ハードウェア上に事前インストール済みのウインドリバーの包括的なリアルタイム組込製品群を評価するようにしてください。立ち上げ時間は、週単位から分単位に短縮されます。事前準備をスキップし、マルチコアCPUへのアプリケーションの移行をすぐに開始できます。

ウインドリバーが組込仮想化サプライヤとして他にはない適格性を持つ理由

ウインドリバーは、業界で最も包括的な組込仮想化開発ポートフォリオを提供します。ウインドリバーのソリューションは、Intel®、Power、ARM、MIPSなど複数のアーキテクチャをサポートしており、優れたプロフェッショナルサービスとカスタマーサポート、ハードウェア統合の専門技術、盛んなパートナーエコシステムによって支えられています。

組込仮想化によってスマートなネットワーク対応デバイスを構築するという課題を支援する、他にはない適格性を有します。

その他のソリューション

マルチコアによるネットワークアクセラレーション
Download now

「モノのインターネット」におけるインテリジェンスの強化
Learn more

Thank You

Wind River, a wholly owned subsidiary of Intel Corporation (NASDAQ: INTC), is a world leader in embedded and mobile software. Wind River has been pioneering computing inside embedded devices since 1981 and its technology is found in more than 500 million products