Wind River Wireless Ethernet Driver

Wind River® Wireless Ethernet Driverは、業界標準の802.11a/b/gプロトコルのアクセスポイントとステーション側のサポートを提供します。あらゆる無線LANチップセットで動作するように設計されたドライバで、Atheros社製無線LANチップセットAR500xのダイレクトサポートを標準搭載しています。また、ハードウェアインタフェース層の完全な抽象化により、他の無線LANチップへの移植も簡単に行えます。

Wind River Wireless Ethernet Driverは、Atheros Ar500xチップセットを使用するPCIカードをダイレクトにサポートします。また、1つのターゲット上で複数のハードウェアインタフェースをサポートするため、より高度なアプリケーションを実現できます。幅広いターゲットハードウェアプラットフォームで使用できるほか、ユーザコンフィギュレーションと制御用に、標準IOCTLアプリケーションインタフェースが提供されます。ワイヤレスのセキュリティは、Wind River Wireless Securityプロトコルスイート(802.1X、WPA、802.11i対応)との事前インテグレーションにより提供します。

Wind River Wireless Security

Wind River Wireless Securityは、幅広い無線LANデバイスに採用されているセキュリティプロトコルスイートです。802.1X、WPA、802.11i用のサプリカントとオーセンティケータが用意されています。

VxWorks®の場合、Wireless Securityオーセンティケータは、Wind River RADIUS Client、Wind River Learning Bridge、Wind River Wireless Ethernet Driverに統合されており、無線アクセスポイントといった一般的なオーセンティケータ製品のコア機能を提供します。Wind River Wireless Ethernet Driverとのインテグレーションと検証が済んでいますが、WPA/802.11iの低レベルサポートを搭載する適切なドライバを備えた、無線LANチップセットとの使用が可能です。

サプリカントとオーセンティケータは、同一製品内で使用できるため、自由度が高まり、アプリケーションサポートが広がります。EAPに対応しています。PSK、TKIP、Michaelなどを実装しています。さまざまな暗号化アルゴリズムやハッシュアルゴリズムが用意されており、開発者は柔軟にセキュリティレベルとパフォーマンスのバランスをとることができます。802.1X MIBとインタフェースをとるために、Wind River SNMPとのインテグレーションを搭載しています。

Wind River WPASUP(無線LANサプリカント)

Wind River Linuxに対応したWPASUPは、すべての802.1xメッセージを処理し、Wind River Network Stackや無線LANドライバとのインタフェースを提供します。Linuxのユーザ空間で動作します。WPAおよびWPA2とインテグレーション済みで、Wi-Fi Allianceが定めた数種類のEAP方式に対応しています。

« ミドルウェアのページに戻る

Thank You

Wind River, a wholly owned subsidiary of Intel Corporation (NASDAQ: INTC), is a world leader in embedded and mobile software. Wind River has been pioneering computing inside embedded devices since 1981 and its technology is found in more than 500 million products