Wind River Advanced Networkingテクノロジ

Wind River® Advanced Networkingテクノロジは、コアネットワーク機能からセキュリティ、ワイヤレス、モバイルにわたる高度なネットワーキング機能やネットワーク管理機能を、無線インフラ、ネットワークインフラ、コンシューマ機器、インダストリアルオートメーション/制御といった各種デバイスに提供します。

この先進のネットワーキングスタックは、組込リアルタイムシステム専用に設計、実装されており、最小のメモリフットプリントで構成できます。

Advanced Networkingテクノロジは、Wind River VxWorks®プラットフォームとWind River Linuxプラットフォームに対応しているため、基盤となるOSに関係なく、プロジェクト間で簡単に移行できるアプリケーションソフトウェアを柔軟に構築できます。このような柔軟性により、開発効率の最大化、時間の短縮、IPの再利用によるコスト削減を実現します。

Wind River Network Management SDK

Wind River Network Management SDKは、ネットワークに接続された要素を管理するWebベース/CLIベース/カスタムの管理インタフェースの作成が可能な、スケーラブルでスモールフットプリントの一元的な管理フレームワークを提供します。管理インタフェース(コンシューマ)と管理可能な要素(プロデューサー)間のデータ処理のパイプになる、管理バックプレーンから構成されています。

Wind River Management Backplaneは、CLIエージェントであるWind River CLI、組込WebサーバであるWind River Web Server、SNMPの実装であるWind River SNMPとのインタフェースを備えています。このほか、フル機能を搭載したWindowsベースのGUIであるWind River Management Integration Toolを搭載しています。すべてのフレームワークコンポネントが一体化されていることで、管理インタフェースの開発が容易になります。

Wind River SNMP

SNMPは、ネットワーク対応デバイスの管理や設定を簡単にするためのプロトコルです。Wind River SNMPは、移植性が高く、メモリ効率に優れ、標準に準拠したSNMPプロトコルの実装です。SNMPへの完全準拠を、高速で小さなSNMPエージェントで実現する必要のある、OEMメーカーやシステムインテグレータ向けに設計されています。ウインドリバーが統合したSNMPの設計と実装には、MIBフル開発プラットフォームが搭載されており、SNMP v1/v2c/v3およびAgentXから構成されています。

Wind River Web Server

Wind River Web Serverは、スケーラブルでセキュアなスモールフットプリントの商用組込Webサーバです。標準的なWebサーバ機能に加えて、ブラウザベースの管理インタフェースの迅速な作成に必要なあらゆる機能を提供します。組込システムに特化したWind River Web Serverは、HTTP 1.0および1.1に準拠し、安全に通信を行うための仕組みSSLに対応しています。Wind River Management Integration Toolは、Webベースのカスタム管理インタフェースやスタンドアロンWebサーバの作成、コンフィギュレーションにあたって、アプリケーションに必要な組込コードの70%以上を生成することで、プロセスをスピードアップします。Webベースの管理は、Wind River MIBwayを通してSNMPまたは任意のカスタム管理可能データと対話を行う、スケーラブルなバックプレーンとのインタフェースを備えています。

Wind River CLI

Wind River CLI(Command Line Interface)は、フル機能版のコマンドシェルと開発ツールを搭載しており、標準的な「クラフト」風インタフェースや、ネットワーク対応デバイスの管理用カスタムインタフェースを作成できます。RS-232またはTelnet接続経由で、デバイス上でCLIコマンドを実行できます。Wind River Management Integration Toolは、アプリケーションに必要な組込CLI最終コードの約70%を生成することで、開発を大幅に加速するGUIツールです。CLIは、MIBwayを通してSNMPや直接任意のカスタム管理可能データと対話を行う、スケーラブルなバックプレーンとのインタフェースを備えています。

Wind River MIBway

Wind River MIBwayは、コマンドラインやWebベースの管理インタフェースで、すべてのSNMPオブジェクトを自動的に再利用できるようにします。別途作業を行う必要はありません。Wind River MIBwayでは、Wind River SNMPエージェント用として組み込まれたデータオブジェクトにアクセスするためのSNMP継承ライブラリを提供します。これにより、MIBの変数やコードの開発に投入した膨大な作業時間を無駄にすることなく、将来のデバイス管理要件に対応できる柔軟性と拡張性を備えることができます。

Wind River Management Integration Tool

Wind River Management Integration Toolは、WindowsベースのGUIで、WebベースやCLIベースの管理アプリケーションを構築できます。プロジェクトオプション、構成オプション、ビルドオプション、リソース制約条件を設定する機能のほか、コード生成を自動化する機能を搭載しています。Wind River SNMPのユーザに便利なMIBコンパイラに加えて、多用途に使える簡素なHTMLエディタを備えています。

Management Configuration Editor

Management Configuration Editorは、管理インタフェースの開発を支援するために、Wind River Workbenchに統合されたEclipseプラグインです。Wind River Management Integration Toolとともに提供されるツールで、Wind River Workbenchをサポートするホスト上で利用できます(Management Integration ToolはWindowsのみに対応)。Wind River Management Integration Toolと比べると、現時点での機能は制限されています。必要な機能がすべて利用可能になり、すべてのお客様の移行が完了するまでは、今後リリースされるWind River Network Management SDKには、Management Integration ToolとManagement Configuration Editorの両方が搭載されます。

« ミドルウェアのページに戻る

Thank You

Wind River, a wholly owned subsidiary of Intel Corporation (NASDAQ: INTC), is a world leader in embedded and mobile software. Wind River has been pioneering computing inside embedded devices since 1981 and its technology is found in more than 500 million products