概要

ウインドリバーのコンシューマ機器開発プラットフォームは開発者に、業界をリードするリアルタイムOS(RTOS)VxWorks®、最高峰の組込ソフトウェア開発環境Wind River Workbench、マルチメディアとコネクティビティの必須ミドルウェアを組み合わせた、統合ソリューションを提供します。選択肢を増やし、柔軟性を高め、より緊密な製品インテグレーションを促進する包括的なパートナーエコシステムを提供することで、コンシューマデバイスの開発者が直面する課題に対処します。ウインドリバーのデバイスソフトウェア業界での30年の経験に裏打ちされたプラットフォームであり、世界クラスのサポート部門と専門的なプロフェッショナルサービスチームによって支えられています。

 

特長

主要な特長と機能は、以下の通りです。

詳細はこちら »

採用事例

詳細はこちら »

アーキテクチャとホストサポート

ターゲットプロセッサアーキテクチャ ホストOS プロセッサベンダ
ARM Linux アーム株式会社(ARM)
インテルアーキテクチャ(IA) Solaris ブロードコム(MIPS)*
PowerPC Windows フリースケール・セミコンダクタ(PowerPC、ARM)
    インテル(IA、XScale)
    NECエレクトロニクス(MIPS)
    マーベル(XScale)*
    ミップス・テクノロジーズ
    テキサス・インスツルメンツ(ARM)

*プロセッササポートはバージョンに依存しています。詳細については、ウインドリバーまでお問い合わせください。

関連団体

ウインドリバーは、オープンな業界標準に向けた動きを強く支持しています。世界の変化はあまりにも急激で、お客様を独自テクノロジに縛るべきではないと確信しているからです。そのためウインドリバーでは、オープンスタンダードをベースにソリューションを構築し、エキスパートとしてのインテグレーションとインテリジェントな適合を図っています。

詳細はこちら »

Thank You

Wind River, a wholly owned subsidiary of Intel Corporation (NASDAQ: INTC), is a world leader in embedded and mobile software. Wind River has been pioneering computing inside embedded devices since 1981 and its technology is found in more than 500 million products