Jump to content



リアルタイム性を備えたオープンソース仮想化

容量、拡張性、運用コストおよび設備投資コストの課題が、ネットワークの飛躍的な成長によって生じ、サービス事業者の最大の懸念になっています。既存のネットワーク要素は、機能が固定された独自仕様の機器上に構築されています。しかしそれでは、パフォーマンスと高い信頼性が求められるSLAを維持しながら、ネットワークの効率化や、より高価値なサービスの提供を求めるニーズの高まりに応えられなくなってきました。

ウインドリバーはこういった課題への対処を支援するために、オープンソースのカーネル仮想化技術に、実績のある商用Linuxディストリビューションを組み合わせた、リアルタイム仮想化ソリューションWind River Open Virtualization Profileを開発しました。Open Virtualization Profileは完全インテグレーション済みで、パフォーマンスが最適化されたソリューションです。専用のOSやハードウェアを稼働する多数のアプリケーションや機能を、1つのシステムに統合することが可能です。超低レイテンシとディターミニスティックなパフォーマンスの達成を前提に設計されており、ネットワーキング、オートモーティブ、メディカル、インダストリアルなどオープンソースのソフトウェアを必要とする各業界で、次世代の設計に応用できます。

お問合せ
製品に関するお問合せはこちら

ホワイトペーパー
“NFVとSDNによる高パフォーマンスの
オープンスタンダード仮想化”

ソフトウェアベースのネットワークインテリジェンスに関するアンケート調査

ひとめでわかるWind River OVP 製品概要

ハードウェアの統合、高パフォーマンス、コスト削減

利点

利点

  • 抽象化によってネットワーク機能をハードウェアから切り離す2つの手法、SDN(Software Defined Networking)とNFV(Network Functions Virtualization)の基本原理に基づいたソリューション
  • 高パフォーマンス、リアルタイム性、ディターミニスティックな実行、低レイテンシに最適化
  • アプリケーションやハードウェアの統合、スペースの削減、省電力化、運用とサポートの効率化により、運用コストと設備投資コストを削減
  • 利用率の低いネットワーク要素の利用率改善により、ネットワークを効率化
  • 汎用のサーバプラットフォーム上で稼働
  • 受賞実績のあるウインドリバーのグローバルなサポート・サービス部門による支援

主な特長

主な特長

ネットワーク業界は、オープンソースソリューションの導入で常に主導権を握ってきました。現在ネットワーク機器ベンダが、高パフォーマンスとディターミニスティックなアプリケーション動作を求める業界のニーズにより適した、オープンソース仮想化ソリューションを検討しているのは当然です。Open Virtualization Profileは、インテリジェントネットワークの厳しい要求を満たす最適なソリューションです。

  • Yocto Project™CompatibleのプラットフォームWind River Linuxをベースにしたオープンソースソリューション
  • 適応型パフォーマンス仮想化
  • リアルタイムKVM
  • ゲストコンテキストスイッチの最適化
  • CPUの分離
  • 適応型スケジューラとティックレスカーネル
  • 高パフォーマンスな仮想スイッチ
  • スタンドアロンやクラウドでの展開に対応した仮想マシン管理フレームワーク

ユースケース

    ユースケース

    RAN(無線アクセスネットワーク)での仮想化
    4G無線ネットワークを展開する携帯電話会社は、利用者向け無線データ送信コストを削減する革新的な方法を模索しています。Cloud RANは、このコストを大幅に削減できる大きな可能性を秘めた新しい機能アーキテクチャです。Cloud RAN(図7)では、基地局機能をBBU(Base Band Unit)とRRH(Remote Radio Head)に分離します。BBUには、レイヤ1のベースバンド機能とレイヤ2および3の基地局(BS:Base Station)機能が搭載されます。RRHは低雑音増幅器(LNA)、IFモジュール、アンテナから構成されます。BBUとRRH間のインタフェースは、CPRI(Common Public Radio Interface)およびOBSAI(Open Base Station Architecture Initiative)仕様で定義されます。このアーキテクチャでは、基地局機能を一元化できることで、展開コストを削減できます。

    複数OSでのベスト・オブ・ブリードアプリケーションの統合
    状況:IT部門では、ルーティング機能も稼働するアプライアンス用に、市販製品の中から最高のVoIPとセキュリティソフトウェアを柔軟に選びたいと考えています。
    対応策:3つのワークロードを別個の仮想マシン(VM)に分担させることで、それぞれのネイティブOS上で個別に稼働することができます。その結果IT部門は、システムに搭載された他のソフトウェアにあまり左右されずに、アプリケーションの選定を行えます。

    アプリケーションソフトウェアの分離
    状況:ネットワーク事業者が、アプリケーション間で意図しないソフトウェアの干渉(侵入、バグなど)が起きないか心配しています。
    対応策: 各アプリケーションを専用VMに割り当てます。それにより、すべてのメモリ空間がIntel® VTによってハードウェアで保護されるため、各々の実行環境と付随するデータを分離できます。アプリケーションの分離を強化するために、アプリケーションを専用プロセッサコアに割当てることも可能です。

製品情報

ホワイトペーパー(英文)

PDF

Wind River Open Virtualization Profile

View now

製品概要

Wind River Open Virtualization
Profile

View now

プレスリリース

HTML

次世代キャリアネットワークのニーズに応え、 NFVとクラウドの進展を図るリアルタイム仮想化ソフトウェアを提供

Read now

Thank You

Your request has been submitted.