Jump to content

インテリジェントなシステムの接続、管理、セキュリティ

2020年までにネットワークにつながるデバイスの台数は500億台を超える見通しで、インテリジェントなシステムが相互に接続した世界は現実になりつつあります。こうしたデバイスの普及に伴い、適切な接続、管理、セキュリティが必要になります。

Wind River® Intelligent Device Platformは、M2M開発を後押しする総合的なソフトウェア開発環境で、次の3つの基本的な課題を解決します。

  • コネクティビティ:無線および有線ネットワークとのデバイスコネクティビティを簡素化。デバイスメーカーの市場投入までの時間を加速し、コストを削減できます。
  • 管理性:事前にインテグレーション済みで、サポートの整った、クラストップレベルのISV製の管理ソフトウェアを用意。リモートデバイスの管理が格段に容易になります。
  • セキュリティ:デバイスとデータの保護を図る、強力でカスタマイズ可能なセキュリティ機能を提供

Wind River Linuxを基盤に、すぐに使えるM2Mアプリケーション専用コンポネントを搭載したWind River Intelligent Device Platformは、セキュアで信頼性の高い、ネットワーク対応インテリジェントデバイスの迅速なイノベーションと展開を促進します。

製品概要
Wind River
Intelligent
Device Platform

PDF

VIEW NOW

顧客事例ビデオ
(字幕付き)
ADB社

watch the movie

WATCH NOW

プレスリリース
ウインドリバー、「モノのインターネット(Internet of Things)」のためのソフトウェアプラットフォームを発表

HTML

READ NOW

Thank You

Your request has been submitted.